Colorful(カラフル)の口コミ評判レビューまとめ【LP用WordPressテーマテンプレート】

WordPressテーマ「Colorful(カラフル)」

どうも。俺のSEO対策、管理人のスズキです。

今回は、WordPressを使ったランディングページ作成におすすめのWordPressテーマ『Colorful(カラフル)』についてご紹介します。

 

当サイト経由のColorful(カラフル)購入者限定で特典をお付けできる事になりました。20名限定の特典なので、お早めにご検討ください。

->>Colorfulの購入特典についてはこちら

10月25日7時更新:特典配布は残り2名になりました。

 

僕自身、Colorfulを2019年2月3日に購入して以来、1年以上ランディングページ作成に使い倒してきました。

「本当に買って使ってるのかよ?」と疑っている方のために、以下、購入時にinfotopより送られてきたメールを添付します。

 

WordPressテーマ「Colorful(カラフル)」

 

それでは、レビューに参りましょう。

当サイト経由のColorful(カラフル)購入者限定で特典をお付けできる事になりました。20名限定の特典なので、お早めにご検討ください。

->>Colorfulの購入特典についてはこちら

10月25日7時更新:特典配布は残り2名になりました。

Colorful(カラフル)を実際に使ってみた感想をレビューしてみる

Colorful(カラフル)を実際に1年間以上使ってみて感じた感想を良い点・悪い点に分けて解説していきます。

Colorful(カラフル)の良い点・メリット

まずは、Colorful(カラフル)に対して良いと感じた点について。

ランディングページ制作初心者でも1時間もあればプロのようなLPが作れる

カラフルの販売ページには、最短3分でLP作成とありますが、しっかりと差別化した物を作りたいなら1時間くらいは掛けた方が良いかなと。

とはいえ、たった1時間で、今まで悩んでいた難しいLP作成が出来てしまうのであれば、悪い話じゃないですよね。

 

クラウドソーシングサイトの利用に比べて遥かに安く、高クオリティ

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトでランディングページ1ページ分を頼むと、安くても10000円~20000円程度はします。

それに比べてColorfulは一度買えば無制限で使い回しができて、価格は8760円です。

 

1回限りのLP制作で、かつ後々の更新が不要であれば、クラウドソーシングを利用するのも悪くありません。

しかし、LPはサイト訪問者の反応を見つつの改善がマストです。更新無しでの運用はおすすめしません。

 

また、クラウドソーシングは価格(ワーカーの技術力)とクオリティがほぼ比例するので、安く上げようとすると、確実に低品質なLPが納品されてきます。

「安物買いの銭失い」とはまさにこのことですね…。(実際、僕も何度も外注で失敗してきました笑)

 

であれば、Colorfulを使って、自分で1時間ほどの時間を掛けるだけで、「自分の思い通りのLP」が作れます。

自分で作ることで、後々人に頼む場合にも「本当に成果の出るLP」が見分けられるようになりますので、メリットだらけです。

 

もし外注ワーカーの価格帯に興味があるのであれば実際にチェックしてみてください。ランサーズ・クラウドワークスともに、無料で1分もあれば登録ができますよ。

 

マニュアルサイトが整っていてわかりやすい

WordPressテーマ「Colorful(カラフル)」のマニュアルサイト

 

Danganページビルダー購入者には、詳しい使い方が解説されているマニュアルサイトも公開されています。

このマニュアルでは、動画とテキスト&画像の2つの方法を使って、Danganページビルダーで出来ることが1つずつ解説されているので、WordPress初心者でも使い方が簡単に理解できます。

 

以下、マニュアルサイトの目次です。

 

ご覧の通り、1つ1つの機能が細かく解説されているので、「せっかくColofulを買ったのに、使い方がよくわからない…。」といった悩みには陥りづらいはずです。

また困った時にはお問い合わせフォームも用意されているので、そちらに連絡すればOK。

 

さらに、Colorfulを使ったランディングページの作り方だけでなく、成果の出るランディングページを作るために必要なノウハウまでもマニュアルになっています。

初心者あるあるですが、「試しにLPを作ってみたけど、全然売れない…。どんな文章を書けば成果が出るんだろう…。」と悩むはず。

物が売れたり、申し込みされるLPを作るためには、「人の購買心理を知り、LPに反映することが大切」です。

 

そのためにどうすれば良いかがColorfulのマニュアルサイトで解説されています。

ランディングページ制作の初心者は、このマニュアルを読むだけで「成果が出ずにアレコレ悩んで、無駄な数ヶ月~数年を過ごす」ようなことは無くなるでしょう。

 

Colorful(カラフル)の悪い点・デメリット

次は、Colorful(カラフル)に対して「ここはもうちょっとどうにかならないかな…。」と感じた点について。

 

ユーザーが多いので、LPの既視感がある

Colorfulはかなり売れているLP制作用テーマのため、ユーザー数もとても多いです。

 

その結果、「あれ?このLPの雰囲気はどこか別の場所でも見たことがあるな。」と感じることがあります。

これはあくまでも製作者側の感覚なので、一般のサイト訪問者で同じように感じることは少ないでしょうが、LPの差別化をしたいのであれば、ランディングページ制作用Wordpressプラグインの「Danganページビルダー」を使う方がしやすいですね。

 

ただ、Colorfulはカスタマイズの幅がとても広いLPなので、既視感を感じる場合はLPをもっと作り込めば差別化は十分可能です。あくまでも、デフォルトに近い状態だと他のユーザーのデザインと被りやすいというお話。

 

DanganページビルダーはColorfulに比べてややカスタマイズの幅は狭めなので、自由度の高さを求めるならColorfulをおすすめします。

 

まとめ

今回は、WordPressを使ったランディングページ作成におすすめのWordPressテーマ『Colorful(カラフル)』についてご紹介しました。

記事が参考になれば幸いです。それでは今日はこの辺で。

当サイト経由のColorful(カラフル)購入者限定で特典をお付けできる事になりました。20名限定の特典なので、お早めにご検討ください。

->>Colorfulの購入特典についてはこちら

10月25日7時更新:特典配布は残り2名になりました。