俺のSEO対策

SEOとは殴り合いだ。戦闘民族型SEO対策を啓蒙するブログです。

Wordpressのパーマリンクおすすめ設定は投稿名です【ワードプレス】

この記事では、WordPressでウェブサイトやブログを製作する際に一番最初におこなっておくべき設定の1つである『パーマリンク設定』について解説します。

 

まず初めに結論ですが、パーマリンク設定は『投稿名(postname)』にするのがオススメです。

その理由は2つ。

  • ブログ閲覧者にも可読性が高くわかりやすく、結果的にユーザー体験や検索結果画面上でのウェウサイトクリック率(CTR)が向上する可能性がある為。
  • カテゴリーをパーマリンクに入れることで起きる、カテゴリー変更の際のリスクを回避出来る為。

 

この2つについて順番に解説していきます。目次をクリックすると読みたいところから読めますよ。

 

パーマリンクを投稿名にする理由1 - 読みやすさ

Googleはパーマリンクの文字を読んで理解していると公式的に発表しています。

 

シンプルな URL 構造を維持するサイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。

 

論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

 

たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。

http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

 

URL では区切り記号を使うと効果的です。

 

http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。

 

URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

 

特に複数のパラメータを含む URL など、過度に複雑な URL は、サイト上の同じまたは同様のコンテンツを表す多数の URL を不必要に作成し、クロールの際に問題が生じることがあります。

 

その結果、Googlebot で必要以上に帯域幅を消費したり、サイトのすべてのコンテンツをインデックスに登録できないことがあります。

 

引用:Googleガイドライン

この文章を要約は以下の通りです。
  • 訳のわからない文字列よりも、記事やカテゴリのテーマになっている英単語を使用して書いた方が良い。
  • 単語を繋げる際は、アンダースコア(_)ではなく、ハイフン(-)を使用する。
  • 複雑で長いURLよりも、短くシンプルにその記事のテーマを表しているパーマリンクが好ましい。

1.パーマリンクは英単語で書くべし

投稿名やカテゴリのパーマリンクを設定する際には、日本語をアルファベット化したものではなく、一度英単語に置き換えてからアルファベットで書く事が望ましいです。
 
例えば、バックパッカーならbakkupakka-とかではなくて、backpackerとしっかり書いてあげるとGoogleのクローラーが理解しやすく、(この記事はバックパッカーについて書いてあるんだな)と理解してもらえるようになります。
日本語でパーマリンクを書くのはNG
日本語でパーマリンクを書くのはおすすめ出来ません。
例えばこのようなものです。(ooo.com/バックパッカーの持ち物一覧)
 
何故このような日本語でのパーマリンク設定がNGかと言うと、日本語はSNSでのシェアなどの際にピュニコードという非常に長く機械的な文字列に変換されてしまいます。
 
これは、前述のGoogle公式見解である『短かくシンプルなURL』という考え方に反するものになりますし、ユーザーにとっての可読性という見方でもユーザビリティの低いものになります。
 
日本語でパーマリンクを書くことによってのSEO的な効果も無いので、全くおすすめは出来ません。

2.アンダースコアではなく、ハイフンを使用すべし

これも読みやすさの面からアンダースコアよりもハイフンの方がユーザビリティに優れているという理由でしょう。
 
パーマリンクに含むキーワードをGoogleで検索して、その英訳を参考にパーマリンクを設定することが多いです。
 
また、同じテーマの記事の他ウェブサイトも参考にしています。
 

3.パーマリンクは短くシンプルにすべし

実際のパーマリンク設定に関しては、人によって色々な設定方法の違いがあります。
 
例えばこの記事の場合、how-to-set-up-permalink-of-wordpressのように英文にしている人もいますし、僕のようにpermalink-wordpressだけで済ませている人もいます。
 
個人的には後者のシンプルな形をおすすめします。その記事で重要なキーワードを入れる形です。
 
なぜか?
 
前者のように文章型にしてしまうと、もし記事のタイトルを変えた際に辻褄が合わなくなることがあるからです。
 
このようなノウハウを教えるタイプの記事の場合は大丈夫ですが、タイトルをそのままパーマリンクにしてしまうと顕著になります。
 
逆に、permalink-wordpressとしておけば、WordPressにおけるPermalinkの設定なんだということを決めて、タイトルの文章に関しては自由に変更しやすいからです。

パーマリンクは投稿名がおすすめな理由2 カテゴリー変更のリスクが無い

パーマリンク設定に関して、サイトによっては/%category%/%postname%/というカテゴリーを含めたパーマリンクを推奨しているものもあります。
 
カテゴリーをパーマリンクに含めることでSEO的にメリットはありませんので、おすすめしません。むしろ、カテゴリー変更時のリスクがあります。以下で解説します。

カテゴリーを含めたパーマリンクでは、後からカテゴリー変更が難しくなる

カテゴリーを含めたパーマリンク設定をしてしまうと、後からカテゴリー変更をすることが難しくなります。
 
これは、サイトを運営している期間が長ければ長くなるほど大きな問題です。カテゴリーを含んだパーマリンク設定のリスクは、以下の通りです。
  • 記事のカテゴリー分けを変更した時、記事の持つSNSシェア数や、外部からの被リンクがリセットされてしまう。
  • その影響で検索順位が落ちる可能性がある。
 
ブログを立ち上げた際に『これからどんな記事を書いていくか、どんなカテゴリー分けをするか。』といったサイト設計は難しいものです。
 
はっきり言って、ブログを立ち上げたばかりの初心者がサイト設計を完璧にするのは不可能と言えるでしょう。最初から出来たらマジで天才だと思います。サイト設計はそれくらい難しいです。
 
つまり、サイト設計を出来る上級者以外はカテゴリーをパーマリンクに含めるメリットはありません。
 
個人的にはサイト設計をしたとしても、カテゴリーは含めませんが...
 
カテゴリーがパーマリンクに含まれている視認性の良さというメリットと、上述のカテゴリー変更のリスク・デメリットを比較した際にどっちを選ぶかって話です。
 
ぶっちゃけリスクの方が全然デカいので選びません(笑)

まとめ

今回はパーマリンクのおすすめ設定方法について解説しました。以下結論です。
  • パーマリンクはカテゴリーを除いた投稿名(postname)がおすすめ
  • パーマリンクは英単語を使う。困った際はgoogle検索で英単語を調べよう
  • 英単語の間はハイフン(-)で繋げる
  • その記事のテーマとなるキーワードを含める
 是非参考にしてみてください!
 
以下の記事では『本当に使えるおすすめの無料WordPressテーマとプラグイン』について解説していますので併せて読んでみて下さいね!