【日本語対応】シンプルで美しいWordPressテーマまとめ【無料/有料】

どうも。俺のSEO対策、管理人のスズキです。

今回は、無駄を削ぎ落としたシンプルなデザイン・機能で人気のおすすめWordPressテーマを紹介します。

 

最近のWordPressテーマは無料・有料問わず、「高機能なテーマでなんでもできる!」ってのがウリだったりしますが、そういうゴテゴテしたテーマが嫌いな人も多いはず。そんなに機能があっても実際に使うのって限られてますからね。

 

この記事ではそんなあなたのために「必要十分な機能・デザインでブログ記事を書くのに集中できるテーマ」を揃えました。

 

シンプルとはいえ、テーマ内に最低限のSEO(検索エンジン対策)機能が備わっているので、ブログをアクセスアップさせることも期待できますよ。

 

ぜひ参考にしてみてください。それではどうぞ。

前提条件:全WordPressテーマレスポンシブ対応

今回ご紹介する全てのWordPressテーマはレスポンシブ対応しているため、スマホやタブレットでも美しくサイトが表示されます。

今時レスポンシブ対応していないテーマの方が少ないですが、テーマ選びの際は一応注意してみてください。

無料で使える!シンプルなWordPressテーマまとめ【日本語対応】

まずは無料で使えるWordPressテーマから。

1カラムで執筆に集中するなら「Write」

 

Writeは文章を書く人のためのミニマルなWordPressテーマです。

 

->>Writeのダウンロードはこちら

 

シンプルとは正にこの事と言わんんばかりの美しさにため息が出ますね。美しい写真と一緒に組み合わせると、シンプルで落ち着いた雰囲気の、美しいブログになると思います。

 

->>Writeのダウンロードはこちら

 

2カラムでシンプルなコーポレートサイトを作るなら「Xeory Base(セオリーベース)」

有名WEBマーケ企業の「バズ部」さんが制作したテーマ「Xeory Base(セオリー)」。

 

->>Xeory Base公式サイトはこちら

 

バズ部はコンテンツマーケティングというWEBマーケティング手法を日本に持ち込んだ第一人者的な立ち位置で有名です。僕も過去にはバズ部さんのサイトで沢山勉強させてもらいました。

 

Xeory Baseはデフォルトではかなりシンプルなデザインで無駄が無く、洗練されているという印象です。

 

デフォルトでも全然使えますが、企業系WEBメディアでも個人ブログでも、Xeory BASEをカスタマイズして使っているというケースは結構多かったりしますね。

 

それくらい、カスタマイズ用としてもポテンシャルが高いテーマです。特にシンプルな企業系サイトを作りたい方におすすめします。

 

->>Xeory Base公式サイトはこちら

 

ブログ向けテーマ 「Simplicity(シンプリシティ)」

 

次は、Simplicity(シンプリシティ)というテーマ 。名前の通り、シンプルなデザインが特徴のブログ向けテーマです。

 

->>Simplicity2のダウンロードはこちら

 

デフォルトのデザインはシンプル…というよりも簡素ですが、デザインスキン機能を使うとワンタッチで色々な雰囲気に変えられるのもポイントですね。

 

Simplictyには最低限のSEO対策機能が付いているので、余計なプラグインをゴチャゴチャと入れる必要もありません。かつ、無駄に機能が多すぎないので初めて使う際も迷いづらいはず。色々な用途で使えますが、特にブログを書くのにおすすめします。

 

->>Simplicity2のダウンロードはこちら

 

シンプルなポートフォリオサイト用WordPressテーマ「Portofolio」

 

次は、写真がメインのポートフォリオサイトを作るのにおすすめなテーマ 「Portfolio」です。

 

->>Portfolioのダウンロードはこちら

 

トップページには、写真がギャラリーのように表示されるので、趣味でフィルムカメラなんかやってるなら特に相性が良いテーマです。

ノスタルジー感抜群のWebサイトが完成します。

 

写真だけでなく、写真を活かしたブログサイトにもおすすめのテーマですね。

 

->>Portfolioのダウンロードはこちら

 

ポートフォリオにおすすめの無料WordPressテーマは以下の記事でまとめているので、あわせてチェックしてみてください。

ポートフォリオサイトにおすすめの無料WordPressテーマまとめ【日本語対応方法あり】 

有料でおすすめ!シンプルなWordPressテーマまとめ

次は、有料テーマでシンプルなデザインが人気なものを紹介します。

 

ただ、有料テーマって基本的に「多機能で派手な見た目のもの」が多く、だいぶ選ぶのに苦労しましたが(笑)、世界のWordPressテーマ販売プラットフォームで人気のものを紹介します。

進化版Write風テーマ 「Writing(ライティング)」

 

文章主体のシンプルなブログにおすすめの海外製WordPressテーマ 「Writing(ライティング)」。

 

->>Writingの公式サイトはこちら
(※デモサイトもあります)

 

デザインのイメージとしては、進化版Writeのような雰囲気のテーマですね。

 

有料テーマですが、なんとたったの39ドル。日本製の有料テーマの平均価格は10000円前後くらいなので、かなりお手頃です。

 

実は、海外製の有料テーマは日本製の有料テーマよりもかなり安い傾向があります。

 

その安さの理由は市場の大きさによるものかなと。日本だけで勝負しようとするとどうしても客単価を上げる必要がありますからね。

 

まぁ、安くてもクオリティが微妙だったら意味が無いんですが、Writingは世界一のWordPress販売プラットフォーム「envato market(https://themeforest.net)」でも5点満点中の4.82点をゲットしているので、世界的に見てかなり評価が高いテーマと言えると思います。

 

 

->>Writingの公式サイトはこちら
(※デモサイトもあります)

 

まとめ

この記事では、シンプルなデザイン・機能で人気のおすすめWordPressテーマを紹介しました。

最後に、この記事で紹介したテーマをまとめます。

 

  1. ->>Writeのダウンロードはこちら
  2. ->>Xeory Base公式サイトはこちら
  3. ->>Simplicity2のダウンロードはこちら
  4. ->>Portfolioのダウンロードはこちら
  5. ->>Writingの公式サイトはこちら

 

以上、記事が参考になれば幸いです。それでは今日はこの辺で。