ワードプレス「下書きをプレビューする権限がありません。」の解決法【WordPress】

2018年7月2日

どうも!俺のSEO対策、管理人のスズキです。

今回は、WordPressの管理画面上でプレビュー機能が使用出来なくなってしまい「下書きをプレビューする権限がありません。」と表示されてしまった時の解決法を書きたいと思います。

サイトアドレスとWordPressアドレスを一致させましょう

結論から言うと、「下書きをプレビューする権限がありません。」はWordPress管理画面の左下にある『設定』タブ→『一般』タブをクリックすると出てくるWordPressアドレスとサイトアドレスが一致していない時に起こるトラブルです。

このトラブルが起こる前に、サイトアドレスの方を変更しませんでしたか?恐らく、wwwを付けたり、消したりしたと思います。

解決方法は、サイトアドレスをWordPressアドレスと同じになるように、再度修正してください。

※ここでWordPressアドレスの方は絶対に触らないように注意。むやみに変更すると、サイトにログインが出来なくなり、別の修正作業が必要になってしまいます。

そして、修正したらプレビュー機能が使えるかどうか確認しましょう。

もし、これでもプレビューができない場合、Google Chromeブラウザの左上のChromeマークをクリック、環境設定をクリックします。

開いた環境設定ページを一番下までスクロールして『詳細設定』をクリック。

更に下にスクロールして『言語』の上のところにある『閲覧データを消去する』をクリックします。

そして、『キャッシュされた画像とファイル』のチェックボックスにチェックを入れて『データを消去』ボタンをクリックします。

ワードプレス管理画面に戻ってきて、プレビュー機能が使えるかどうか確認してみてください。

使えるようになっていると思います。これでOKです。

それでもサイトアドレスを変更したいんだけど…って方は

そもそも論として、今回のトラブルはサイトアドレスを変えたかったから変更してみたんだけど…って感じじゃないでしょうか?

例えば、WordPress(wp)をインストールした段階では、www無しの『○○.com』で設定してたけど、やっぱりwww付きが良いや!と思ったから変えてみた、的な。僕が初めてこのトラブルにあった時はそんな感じでした。

もし、インストールした時からサイトアドレスを変えたい場合、パッと思い付いた方法としては以下の2つ。

  • 使用しているレンタルサーバーによってはボタン1つでサイトアドレスの設定を変えられる会社があるのでそっちを選ぶ。
  • もう1方のドメイン(www付き、もしくはwww無し)にもWordPressをインストールして、コンテンツを全てそちらにコピーする。そして、新しい方のドメインにリダイレクトをする。

うん…せっかく書いていてアレなんですが、多分2個目の方法は初心者には難しい気がします…笑

一応、サイトコンテンツのコピー方法とリダイレクトの方法については、以下の記事が詳しく書いてあるので、頑張れそうならチャレンジしてみてください。

==>>たった3ステップでサイトの引っ越しが完了するプラグイン「All-in-One WP Migration」が簡単すぎ!

==>>URLの正規化について(リダイレクトの方法)

レンタルサーバーで設定が楽なところに変えてしまうのもアリだと思います。多分、このトラブルが起こっていると言うことは、まだWordPressを始めてからそれほど日が経っていないのではないでしょうか?

それであれば、MixHostサーバーへの変更も検討してみてください。

MixHostならWordPressインストール画面のボタンをワンクリックすると、サイトアドレスをサクッと変更出来ます。全体的に初心者でも操作が楽なので、僕は会う人皆におすすめしてますww

あと、MixHostはサーバーの処理速度がクッソ速いのもポイントですね。ちなみに当サイトはMixHostで運営しているので、参考にしてみてくださいな。キャンペーンで10日間無料でお試し出来ます。

==>>MixHostの10日間お試しキャンペーンを詳しく見る

 

WordPressを始めたての頃はわからないことだらけで結構大変だとは思いますが、この壁を超えると結構楽しくなってくるので、もうちょい頑張ってみてくださいな!記事が参考になれば嬉しいです。

それでは、今日はこの辺で。