SEO対策キーワードの正しい入れ方&設定方法【2022年最新版】

  • URLをコピーしました!

どうも。俺のSEO対策、管理人のスズキです。

 

今回は、『正しいSEO対策キーワードの入れ方』について解説します。

 

 

このトピックについてネット上の情報を探してみたところ、悪くは無いけど情報として古く、2022年の状況にはマッチしていないものが多いように感じました。

 

そこで、この記事では2022年最新のSEOキーワードの入れ方と設定方法について解説します。

 

 

これからSEOにガッツリ取り組む方も、復習する方も、ぜひ読んで実践してもらえれば嬉しいです。それではどうぞ。

目次

SEOキーワードを必ず入れるべき場所について

まずは必ずSEOキーワードを入れるべき場所について。以下の3つはマストで入れる必要があります。

 

  • タイトル(titleタグ)
  • 見出しタグ
  • 本文(コンテンツのテキスト文章部分)

順番に解説していきます。

タイトル(titleタグ)

まずは記事タイトルについて。

タイトル(titleタグ)には、その記事で上位表示を狙っているSEOキーワードを必ず入れましょう。例外はありますが、基本的には「タイトルにキーワードを入れないと上位表示出来ない」と考えて大丈夫です。特に最初のうちは。

titleタグに入力した文章は、GoogleやYahooなどの検索エンジン上で検索結果画面に表示されます。以下、参考画像です。

 

上記の画像で、赤枠で囲んでいる部分に表示されているのがtitleタグに入力した文章です。

SEOキーワードはタイトルの必ずしも左側に入れる必要は無い

「その記事で狙っているSEOキーワードはタイトルの出来るだけ左側に入れるべき」という話があります。これ、間違いでは無いんですが、絶対守るべき事柄でもありません。

 

先ほどの検索結果画面の画像をもう一度見て頂けるとわかると思いますが、「WordPress サーバー」で検索した時に「サーバー」という単語は左側にありません。それでも、このスクショを撮った時点で1位表示されています。

さて、どうして上位表示出来たのでしょうか?

このトピックに関する本質的な話については、【SEOに強い】効果的な記事タイトルの付け方で解説しています。あわせて参考にしてください。

【SEOに強い】効果的な記事タイトルの付け方【ブログ・アフィリエイトで使えるコツを合わせて紹介】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

目次