WordPressがマトモに使える無料レンタルサーバーは3つだけ【アフィリエイトにはおすすめしません】

2019年1月7日

どうも。俺のSEO対策、管理人のスズキです。

今回は、WordPressに対応している無料レンタルサーバーをまとめました。『マトモに使えるレンタルサーバー』という、なんとも虚しい響きのタイトルですが(笑)

いや、だって、無料サーバーでマトモに使える物って少ないんですよね…(笑) 特にアフィリエイトには全くもっておすすめしません。その理由はこちら

無料のレンタルサーバー自体は沢山あるんですが、そもそもWordPressが使えなかったり、サーバー性能が悪くて使いづらかったり、自動広告が出たり…と微妙なものが多いです。その辺りは無料なので仕方ないですけどね。

その中でも、実際に試した上でこれなら総合的に使えるなってレンタルサーバーをまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

それではどうぞ。

あわせて読みたい

この記事のレンタルサーバー選びの基準は以下の記事で詳しく解説しています。5分で読めるようにまとめているのでぜひどうぞ。 

無料レンタルサーバーの注意点

まず、無料レンタルサーバーを紹介する前に、無料レンタルサーバー全体にほぼ共通する注意点について解説します。ざっくり言うと以下の通り。

  • 自動広告について
  • サーバー性能について
  • SSL機能について

順番に解説していきますね。

自動広告が入る

ほぼ全ての無料レンタルサーバーでは、自動の広告がサイトに表示されるようになっています。パソコン・スマホ閲覧時両方で表示されるサーバーと、スマホ閲覧時のみ広告が表示されるサーバーがあります。

これ、ビジネスで使用するには致命的なので、無料サーバーでビジネス向けサイト・もしくはアフィリエイトなどをする事は基本的におすすめしません。

なぜなら、ユーザーが自動広告をクリックしてサイトから離脱してしまうと、2度とあなたのサイトに帰って来ない可能性が高いからです。 そして、本来売れるはずだった商品が売れなかったとしたら、あなたには1円も入ってきません。

無料サーバーでお金を掛けずに始めたは良いものの、実は気付かない所で損をしている可能性がありますよ』ってことですね。

なので、無料サーバーは、あくまでもアフィリエイトのサテライトサイト制作目的、もしくは趣味レベルでの使用に限定した方が良いでしょう。

->>サテライトサイトとは?

 

レンタルサーバーは毎月200~300円払えば十分なクオリティのものが使えるので、本気でWEBビジネスで稼ぎたいという方は以下の記事を参考にして、有料のレンタルサーバーの使用をおすすめします。3分で読めますよ。

–>>【最速あり】WordPressにおすすめのレンタルサーバーは3つだけ【個人向けの早い&安いサーバー】 – 2018年版 

性能は有料サーバーに比べて劣る

当然ですが、無料のレンタルサーバーの性能は有料サーバーに比べて劣ります。まぁ、月100円代のレンタルサーバーに比べればマシな無料サーバーもあるのですが…(笑)

ただ、時間帯によって速度が不安定だったり、最悪の場合サーバーが落ちる可能性もゼロでは無いので、そこは割り切って使うしかないですね。特に、サイトへのアクセス数(PV)が増えてくると厳しいです。

それと、基本的には無料サーバー1個につき、WordPressサイトを1個だけ作れます。沢山サイトを作りたいなら有料サーバー以外の選択肢はありません。

この点もインターネットビジネスで稼ぎたいなら無料サーバーを使うべきでは無い理由の1つです。趣味なら全然OKなんですけどね。

無料SSL機能が付いていないものが多い

無料のレンタルサーバーにはSSL機能が付いていない物が多いです。SSLとは、一般的なURLの『http:~』を、セキュリティで保護された通信である『https:~』で始まるURLにする機能のことです。

最近では、GoogleがSSL化されたURLを優先して表示するとも言われているため、検索上位表示をさせたい場合、SSLが付いていないサーバーを選ぶのはリスクがあります。

実際、有料のレンタルサーバー会社のほぼ100%は無料SSL機能を搭載していますので、気になる方は格安サーバーでも良いので有料レンタルサーバーを選んでおいた方が安全です。

WordPressが使える無料レンタルサーバーおすすめ3選

それでは、ここからはWordPressが使える無料レンサバのおすすめを3つ紹介します。 実際に使って試した上で、使えるものを厳選しているので、いずれのサーバーも自信を持っておすすめ出来るものです。ぜひお試しあれ。

スターサーバーフリー

スターサーバーフリーは格安レンタルサーバーとして有名なスターサーバーの無料版です。

–>>スターサーバーフリー公式サイトはこちら

僕は有料版スターサーバーのスタンダードプランも契約しているんですが、そちらも質は良いです。月額250~500円の価格帯のサーバーの中では処理速度&安定性、共に非常にバランスの良いサーバー会社ですね。

スターサーバーフリーは、無料のサーバーとしてはかなり安定感のある良いサーバーでオススメなのですが、デメリットも有ります。デメリットは以下の通り。

  • スマホでの閲覧の場合のみ自動広告あり
  • 1アカウントにつき独自ドメインサイトは1つだけ作成可能
  • データベース容量は50MBと少なめなので、画像を多用するサイトには向かない
  • 無料SSLが使えない
  • メール機能無し

ただ、何度も言いますが、無料サーバーなので…(笑)

サーバー自体の性能(処理速度・安定性)などを重視すると仕方ない部分です。はっきり言って、全ての要素を完璧に満たす無料レンタルサーバーなんて存在しませんので。

ただ、SSLは最悪の場合無くてもOKですし、メール機能をガンガン使う方も少ないでしょう。SSLが使えなくても構わないような、例えば中古ドメインユーザーには向いているサーバーだと思います。(そんな人がこの記事を読むかは不明ですが笑)

->>中古ドメインとは?アフィリエイトに効果あり

 

–>>スターサーバーフリー公式サイトはこちら

ディスク容量 2GB
マルチドメイン 1個
サブドメイン 50個
PHP5 / PHP7 共にOK
MySQL 1個
データベース容量 50MB
メール機能 無し
独自SSL 無し
自動広告 スマホ・タブレットで表示有り
転送量 1GB/日

–>>スターサーバーフリー公式サイトはこちら

XFree (エックスフリーサーバー)

Xfreeは、エックスサーバーで有名なエックスサーバー株式会社が運営している無料レンタルサーバー。

マルチドメインが5個まで使えるので、複数サイトを作りたい方には便利です。ただ、他の無料サーバーと同じく、データベース容量は100MBと多くは無いので、画像を沢山使うサイトには向いていません。デメリットはそれくらいですね。

–>>XFree公式サイトはこちら

ディスク容量 2GB
マルチドメイン 5個
サブドメイン 無し
PHP5 / PHP7 共にOK
MySQL 5個
データベース容量 100MB
メール機能 有り(200通/日まで)
独自SSL 無し
自動広告 スマホ・タブレットで表示有り

–>>XFree公式サイトはこちら

XREA Free(エクセリアフリー)

 最後は、XREA Free(エクセリアフリー)という無料WordPress向けレンタルサーバー。

–>>エクセリアフリー公式サイトはこちら

XREAはお名前.comで有名なGMOが運営しているサーバー会社です。 XREAの他にもコアサーバーバリューサーバーなど格安にも関わらず高性能なサーバーブランドを多数保有しています。

XREA  Freeは自動広告の表示はありますが、それ以外の面では非常に高性能でおすすめな無料レンタルサーバーです。 マルチドメインもOKなので複数サイトを作成可能。SSD容量も1GBあるので、サイズの大きな画像を多数使ったような大規模サイトを作らない限りは支障は無いでしょう。

XREAのデメリットとしては以下の通り。

  • コントロールパネルが若干使いづらいかも
  • ログイン時にサーバー情報の入力が都度必要で、自動入力が出来ないのが面倒

一般的なレンタルサーバーのコントロールパネルと大分仕様が違うので、慣れるまではちょっと面倒かもしれません。あと、ログインする際にレンタルサーバーのホストサーバー番号を都度入力するのが地味にダルいですね(笑)

まぁ、デメリットはそれくらいで、サーバー自体の性能は高いのでおすすめです。使いやすさは個人差もあると思うので、実際に触って確かめてみるのが一番だと思いますよ。

–>>エクセリアフリー公式サイトはこちら

容量 1GB
マルチドメイン
転送量 1GB/日
WordPress 利用可
チャットサポート
お試し期間
広告 あり

–>>エクセリアフリー公式サイトはこちら

まとめ

今回は、WordPressが使える無料のレンタルサーバーを一覧で紹介しました。

とりあえず、今回紹介した無料サーバーを3つ試してみて、ダメだったら有料サーバーを検討してみると良いでしょう。

サーバーはWEBサイト制作には必要経費なので、しっかりとしたサーバーを選ぶことを強くおすすめしますよ。

数百倍のリターンがあることを考えると、たかだか月500円なんて安い投資だと思います。(というか、悪い事言いません。もしこれが安い投資だと思えないなら、自分でビジネスするのは辞めといた方が良いです。)

以下の記事では、価格帯別におすすめ有料サーバーを紹介しています。3分で読めますのでサッと目を通してみてください。

それでは、今日はこの辺で。