レンタルサーバーのデータ転送量とは?計算方法とPV目安を解説!

どうも。俺のSEO対策、管理人のスズキです。

この記事では、レンタルサーバー選びの際によく見かけるキーワード『データ転送量』について詳しく解説します。

レンタルサーバーのデータ転送量とは

レンタルサーバーのデータ転送量とは、ウェブサイトが置かれているサーバーから、サイトにアクセスしたパソコンに送られる文字や画像、動画などが持つデータ量のことです。

以下の3つを行う度に、データ転送量が増えていきます。

  1. ユーザーがWEBサイトを閲覧する
  2. サーバーがメールの送受信を行う
  3. サーバーへファイルをアップロードしたりダウンロードしたりする

データ転送量上限を越えるとどうなる?

レンタルサーバーの転送量上限を超えると以下のような問題が発生します。

  • サイトにアクセスするまでに時間がかかるようになる
  • サイトが表示されなくなる(サーバーがダウンする)
  • ユーザーがサイトから離脱する割合が増えるため、Webサイトの収益減・アクセス数の低下に繋がる

 

サイトが表示されなくなると、サイトから発生している収益がゼロになるため、膨大な機会損失に繋がります。

転送量に余裕があるレンタルサーバーを使うようにしましょう。

データ転送量の計算方法

Webサイトのファイルサイズは「1ページあたり平均1MB ~ 3MB」です。

これにサイト全体のアクセス数(PV)を掛け算すれば、必要なデータ転送量がわかります。

 

『1日10,000回アクセスがあるサイトの場合』だと3MB×10,000PV(アクセス) = 30,000MB(30GB)という計算になります。

つまり、サイト全体のPVが1日10,000PVであれば転送量は最低でも30GB/日必要です。

月に直すと30GB × 30 = 900GBなので、余裕を持って1TB/月は欲しいところですね。

 

WEBサイトの平均PV数でわかる”レンタルサーバー転送量の目安”

WEBサイト運営に必要な転送量の目安は「あなたのサイトにどれだけのアクセス(= PV)があるか」によって変わってきます。

すでにサイト運営をしているのであれば、ご自身のWEBサイトの1日平均PVを算出してみてください。

サイトのPVはGoogleアナリティクスや各社サーバーのアクセス解析機能でチェックできます。

これからサイト制作をするのであれば、自分のサイトにどれくらいのPVが集まるのかイメージしづらいですよね。

そこで、WEBサイトの平均PVについてのアンケートを見つけたので、以下引用します。

 

このアンケートに答えた個人ブロガー343名の中で『全体の76%のWEBサイトは月10万PV以下』と言うことがわかりました。

月10万PVは「1日平均で、約3300PV」です。

 

3MB × 3300PV = 約10,000MB(10GB)/日くらいの方が多いということですね。

つまり、転送量30GB/日のサーバーでも全く問題は無いことがわかります。

 

突発的なアクセス増加に注意!

ただし、瞬間的なアクセスが発生しやすいトレンドブログやニュースサイトなどの場合は「同時アクセス数制限」に注意する必要があります。「同時アクセス数制限」とは、サイトに同時にアクセスできるユーザー数の上限値のことです。

 

例えば、全く同じ時間に数百人以上のアクセスが来た場合、サーバーに急激な負荷がかかって処理しきれなくなります。

すると、1日の転送量の制限を超えていなくてもサーバーがダウンします。

 

この同時アクセス数制限はレンタルサーバーのスペック上には書かれていません。ただし、格安系レンタルサーバーは総じて突発的なアクセス増加には弱いため、不安であれば500円以上のレンタルサーバーを借りておいた方が良いでしょう。

まとめ

この記事では、「レンタルサーバーの転送量」について解説しました。

これからブログやサイト制作を始めるのであれば30GB/日、1TB/月以上の転送量のレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

 

ただし、突発的なアクセス増加でサイトが落ちることもあるため、転送量以外のサーバースペックも含めて余裕を持ちましょう。ビジネスとしてWEBサイトを運営するのであれば、しっかりとした土台作りが大切です。

サーバーダウンによって、せっかくのWEBサイトからの収益を取りこぼさないように気を付けてくださいね。

 

以下の記事では、サーバー性能がズバ抜けて高い「おすすめのレンタルサーバー」を3つ厳選して紹介しています。転送量にも余裕があるので、迷ったらこれら3つのサーバーから選べば間違いありません。

関連記事

WordPressが使えるレンタルサーバーって一体どれくらいあるかご存知ですか?なんと、11月28日現在、日本国内だけでも100社以上あるんです。 となると、選択肢が多すぎて「どのレンタルサーバーを使うべき[…]