【口コミレビュー&おすすめアリ】SEO検索順位を調べる方法一覧!【無料&有料ツール・ソフト・サイト・アプリまで完全網羅】

2018年7月2日

どうも、俺のSEO対策、管理人のスズキです。

今回はSEO対策に必須の検索順位チェックをする方法についてまとめています。

検索順位を調べる方法は、チェックツールやソフト、サイト、アプリなど様々ですが、一通り網羅していますので、このサイトから興味のあるものを試してみてくださいね。

また、『数が多すぎてどれを選べばわからない…』という方向けに、僕自身が愛用しているチェックツールについても解説しています。

SEO対策をガッツリやってみようか考えている方の参考になれば嬉しいです。それではどうぞ。

 ※記事後半では、検索順位チェックツールを選ぶ基準についても解説しています。

僕が多くの検索順位チェックツールを試した上で感じた、『絶対に必要な要素』について書いているので、購入前に読んでみて損はしないかと思います。

 検索順位チェックツール一覧

GRC

まずは、僕が現在使っているツールから解説します。

『GRC』は検索順位チェックツールとして最も有名なものです。企業のWEB担当やアフィリエイターとして働いている方なら、ほぼ100%名前は知っているのではないかと。

本来はWindows用のツールなんですが、MacでもWineというフリーソフト経由で使えます。Wineとは、仮想的にMac内にLinux OSを作り出すようなソフトです。

で、そのLinux OS上でGRCを動かせるという…ざっくり言うとそんな感じ。

ちなみに、僕の場合はParallelsというソフト経由でGRCを使っています。これは、Wineと同じようにMac内に仮想WindowsをインストールしてWindowsパソコンの機能を使えるようにするソフトです。

Parallelsは8500円~の有料ソフトなので、最初は無料のWineと試してみると良いと思います。ただ、快適さではParallels経由で使った方が楽ですね。サクサク動く感じです。

==>>GRCを無料で試すならこちら

GRCの価格は以下の通り。

ベーシック スタンダード エキスパート プロ アルティメット
料金 (税込)
(月額換算)
4,860円
(405円/月)
9,720円
(810円/月)
14,580円
(1,215円/月)
19,440円
(1,620円/月)
24,300円
(2,025円/月)
期間 1年間 1年間 1年間 1年間 1年間
URL数 5 50 500 5,000 無制限
検索語数 500 5,000 50,000 500,000 無制限
上位追跡 5 50 500 5,000 無制限
リモート閲覧 利用可 利用可 利用可 利用可
CSV自動保存 利用可

僕はエキスパートプランを使っていますが、サイトを沢山作らないのであればスタンダードプランで良いと思います。

ただ、ベーシックプランだとちょっと少なすぎかな。検索キーワードが500個までしか登録出来ないので、後々不満が出てくると思います。

先程も書きましたが、キーワード500個ってなると実際には100記事~200記事以内で使い終わってしまいますから。最低でもスタンダードプラン以上をおすすめします。

それと、GRCにはモバイル版(スマホでの順位チェック用)もありますが、基本的には通常のGRC1個だけで大丈夫です。僕もモバイル版は使ってませんので。

GRCには無料版もあるのでとりあえず試してみると良いですよ。

==>>GRCを無料ダウンロードする

RankGuru SEO

RankGuru SEOは840円の買い切りで使い放題なのが魅力的なツールです。

iTunes Storeで販売されていて、Mac OSのみで使用が可能。

RankGuru SEOを試してみた結果、感じたポイントは以下の3つです。

  • 順位をチェックするのに非常に時間が掛かる。SERPOSCOPEよりも更に遅い。
  • 検索順位の精度が低い。順位を取り込めないエラーが多い。
  • 価格は安いけど、上記2点とのコスパを考えると使えない印象。

購入する前の口コミ評判として、ロボットによるチェックが頻繁に入るので使いづらいという噂を聞いていました。

確かに、たまにチェック(条件に当てはまる画像を選んでチェックボックスをクリックするアレ)があり、1,2分くらいの時間が取られるので、煩わしいと感じる人もいるかなと思います。

ただし、毎日など定期的にある訳ではなく、3週間程度使用した中で3回くらい不定期にチェックが入ったので、僕個人としては全然我慢出来る範囲内でした。

しかし、肝心の検索順位チェックの正確性がイマイチな気がします。

3位に位置していたものがいきなり圏外に飛んでチェックしたら、普通に3位のままだったり…

そのようなエラー?がRankGuruは多い気がします。エラーで検索順位が取れないのってかなりストレスで、1時間掛かったのにまたやり直さなければいけなかったりするのはすげーイライラします(笑)

価格的には非常に魅力的なのですが、これならSERPOSCOPEで良いかな、といった印象でした。

==>>RankGuru SEOのダウンロードはこちら

Rank Tracker

僕がGRCに乗り換えるまではこのRank Trackerを使っていました。Rank Trackerは悪くはないけど、価格には見合わない…という印象ですね。

Rank Trackerならではのデメリットが幾つかあり、ストレスフリーというわけではありませんでした。(だからこそGRCに乗り換えた経緯があります。)

Rank Trackerに感じたストレスは以下の通りです。

  • サポートが全て英語(トラブった時には英語のマニュアルを読まなくてはいけない)
  • Rank Trackerの使用者は他のツールと比べて多くないせいか、ネット上の解説・マニュアルが少ない。
  • Googleのボットが結構頻繁に発生する(入力しないと検索順位エラーになります)

特に3番目のGoogleボットがかなり厄介でした。これはRank Guruのチェックが入るのと同じ事なんですが、Rank Trackerの方が頻繁に起きますね。

このキャプチャを回避する為の方法として、検索順位チェックを遅くする設定方法もあるんですが…ぶっちゃけあんまり効果がありませんでした。

他の方法として、キャプチャを自動的に入力してくれるオプションもありますが有料です。いくつかのプランがありますが、月々プラス3000円くらいは普通に掛かります。

Rank Trackerをおすすめしている人達は一切書いていないですし、結構不親切だなぁ…と思います。Rank Trackerは半年で15000円しますし、結局それ以外にも色々とお金が掛かるって知ってれば買わなかったので…(涙)

サポートに関しては日本の代理店経由で買えばメールサポートを日本語で受けられますので、そちらをおすすめします。

英語版をおすすめしてるサイトがありますが、 英語版と日本版は操作画面がだいぶ違います。(日本版の方が使いやすいです。)

Rank Trackerも無料版があるので、とりあえず一度試してみると良いかと思います。

==>>Rank Trackerの公式サイトはこちら

SERPOSCOPE(サーポスコープ)

SERPOSCOPEは海外製のツールで完全無料で使用することが出来ます。

性能が同等だとしたら無料は非常にありがたいので試してみましたが、残念ながら使用感的に満足のいく仕上がりではありませんでした。

個人的に使用するのが難しいと感じたポイントは4つあります。

  1. 検索順位チェックに非常に時間が掛かる。(かなり遅いです)
  2. エラーで順位チェックが正常に出来ない事が多い。
  3. 操作画面が使いづらい。
  4. 設定は全て英語なので、使い方がわからない時にググるのが面倒。

僕自身は1週間くらい使って厳しいなと感じたので現在は使用していません。興味がある方はとりあえず試してみてください。

==>>SERPOSCOPEの公式サイトはこちら

Ginza Metrics

Ginza Metricsは完全に企業向けのツールで、個人のメールアドレスでは登録が出来ないため、使用感は試していません。

料金プラン的にも最安のプロフェッショナルプランでも月額100000円と、個人でウェブサイトを制作している方には厳しい料金設定ですね。

その分登録出来るキーワード数はプロフェッショナルプランで2500個とハイスペックになっているように思います。

とは言っても、GRCやRank Trackerでもそれくらいの設定は出来てしまうので、Ginza Metricsならではのメリットはあんまり感じませんね。

==>>Ginza Metricsの公式サイトはこちら

検索順位チェックサイト一覧

次は、検索順位を調査出来るサイト一覧を紹介します。

この類の検索順位チェックサイトは新しく出来たり・無くなったりと頻繁に変わるので、安定して使うにはやや難あり…という印象ですね。

タダレポ

タダレポは最近見つけた新しいチェックサイトなので、まだあまり試せていないのですが、雰囲気は悪くなさそうですね。

クラウド型のサイトなので、インターネットが繋がる環境であれば場所を選ばずに使えるのが便利です。完全無料でキーワードは50個まで登録出来るので、お試しにはピッタリかもしれません。

また、ゆっくり試してみたら感想をレビューしようかと思います。

==>>タダレポを無料で試す

検索順位チェックツールを選ぶ3つの基準

さて、ここまでで検索順位をチェックするための方法を一覧で紹介してきました。

ここからは僕が検索順位チェッカーを選ぶ際に重要だと考えているポイントについて解説していきます。

キーワードを登録出来るツールがおすすめ

ここまでで検索順位チェックが出来るサイトも紹介してきた訳ですが、中にはキーワードの登録が出来ないものもあります。

と言うのも、検索順位チェックサイトではキーワードの登録が出来ないものがあるんですよね…。

つまり、チェックしたいキーワードを毎日ポチポチとサイトに打ち込んでいく必要があるんです。これって、完全に手打ちでチェックするのとあんまり変わらない気がしません…笑?(というか自動じゃないよねっていう笑)

チェックしたいキーワード数が10個とか20個とかならまだ大丈夫だけど、『長期的に考えると検索順位チェックサイトは非効率的すぎる』というのが僕の意見です。

だったら無料のものでも良いので、毎日自動的にチェックしてくれるツールを使った方が効率的だと思います。

GRCの無料版か、SERPOSCOPEのどちらかを選ぶと良いでしょう。

==>>GRCを無料ダウンロードする

==>>SERPOSCOPEの公式サイトはこちら

処理速度が早いツールが好ましい

という訳で、僕の意見としては『検索順位チェックツールの中から選ぶべき』という考えが根底にあります。

そして、色々なツールを試してみるとわかることなんですが、ツールによって処理速度がだいぶ違います。

要するに、検索順位チェックが早く終わるものと、遅いものがあるんです。

これ、実はかなーり重要でして、検索チェックが遅いツールを使った場合、チェックが全部終わる頃には日が暮れ始めます(笑)

もちろん、『登録サイト数が1個だけ・検索キーワードが500個くらい』なら遅くてもせいぜい3時間くらいですが、登録サイト・登録キーワード数には余裕を持って考えておいた方が良いですよ。

一般的には、1つ記事を書いた場合、1記事1キーワードを狙うべきと言われていますよね。(僕はこの意見には半分反対ですが)

しかし、結果的には狙ったキーワード以外でも順位が付いたり、上がったりしてくるはずです。まず間違いなく。

そのキーワードごとの順位変動の傾向を見ておくと、色々と良いことが起こります。

全部説明すると長くなるので割愛しますが、基本的に『検索意図が同じキーワードは大体同じような順位変動』をします。つまり、同じ変動の仕方(検索意図)なら全部1記事で狙うべき、って事ですね。

まぁ、この辺りはまた別に記事にしようかなと思います。

で、例を挙げると、1記事に対して5個くらいは狙うキーワードを登録しようと考えた場合。

100記事のサイトが1つあったら500キーワードなんてあっという間に使い終わってしまうんです。遅いツールで3時間掛かるとすると200記事、300記事なら…?まぁ、後は計算しておいてください(笑)

で、僕が使った経験のあるツールから処理速度が早い順番に並べてみると。

  1. GRC
  2. Rank Tracker
  3. SerpoScope
  4. RankGuru SEO

こんな感じですかね。感覚的に、1位のGRCと2位のRank Trackerに超えられない壁があるような印象です(笑)

じゃ、次の要素いきましょ。

エラーが少なく安定している

これね。エラーが出やすいツール、出にくいツールがあるんですよ。

せっかく数時間掛けてチェックしたのに、エラーばっかりで順位計測出来てなかった時の絶望感を想像してみてください。で、もう一度チェックツールを回すというね…。

そんなツールは長くは使えないですよね…笑

ちなみに、エラーが出やすい状況ってのも理由がありまして。

手動でGoogle検索をしすぎるとGoogle reCaptchaっていうチェックボックスと画像認証画面が出てくるの、見た事ありません?

車が写ってる画像を全部クリックしなさい…的なアレです。ダルいですよねww

アレって、検索行為を短時間にしすぎたり、不自然な検索時に発生する現象なんですよ。

で、検索順位チェックツールが順位チェック中にも我々人間と同じような行為をしているので、不自然な動作をした場合、人間と同じように画像認証画面に飛ばされます。

その時に、機械だと画像認証を突破出来ない場合があって、その際にはエラーが出る、という仕組みになっています。

なので、ダメなツールはその辺お粗末というか、機械的に検索しすぎているんでしょうね。

Rank Tracker(ランクトラッカー)はその辺りの検索スピードなどを細かく調整出来るんですが、ハッキリ言ってあんまり効果ありません。

だったらGRCのデフォルトスピードの方が速いし、エラーも少ないです。

GRCとRack Trackerは価格や性能が近いせいもあってか割と比較されやすいんですが、同じ料金を払うなら絶対にGRCをおすすめします。

僕はRank Trackerを先に買って後悔しているクチなので(笑)

これもエラーが出にくいツール順に並べてみましょう。

  1. GRC
  2. Rank Tracker
  3. Serposcope
  4. RankGuru SEO

図らずも処理速度と同じになってしまいました(笑)

ただ、これも1位と2位の差がメチャクチャ大きいですね。正直2位以降はどれでも同じ程度です。GRCは普通に使っている分には殆どエラーは出ないので安心してください。

まとめ

この記事では、SEO対策に役立つ検索順位チェックツールについて解説しました。(現在、大規模編集中です汗)

参考になったら嬉しいです!記事をご覧頂きありがとうございました^^

– 今回の参考記事 –

>>検索順位チェックツール9選! 機能・料金を徹底比較!|アクセス解析ツール「人工知能AIアナリスト」ブログ

>>SEOで気になる検索順位チェックツールまとめ!無料から有料まで16選 – ウェブ企画ラボ

>>検索順位チェックツール11選!機能と料金をわかりやすく比較 | SEOラボ