【日本語対応】女性向け!!おしゃれなWordPressテーマ6選【無料/有料】

どうも。俺のSEO対策、管理人のスズキです。

今回は、女性向けでおしゃれなWordPressテーマを厳選して紹介します。

 

無料→有料の順番で解説していきますので、

  • できればお金を掛けたくないという方は無料テーマ
  • ずっと使いつづけられる良いものが欲しい方は有料テーマ

を軸に選んでみてください。それではどうぞ。

国産テーマと海外製テーマの違いについて

おしゃれなWordPressテーマを紹介する前に、国産(日本製)WordPressテーマと海外製のWordPressテーマの違いについて解説します。

テーマのデザインが持つ「雰囲気」の違い

国産テーマと海外製テーマの間には以下のような雰囲気の違いがあります。

  • 国産テーマは「柔らかい雰囲気」のテーマが多い
  • 海外製テーマはパキッとした硬さがあり、「都会的でスタイリッシュな雰囲気」のテーマが多い

 

上記のような感じでだいぶ雰囲気のベクトルが違います。

 

まずは、海外製か国産のどっちが好みに近いかで考えると、結論に辿り着くまで早くなるかと思いますね。

海外製テーマはカスタマイズが前提

ただ、海外製WordPressテーマは英語で文字を書いた時に最も美しく表示されるように設定されています。まぁ、海外製なので当たり前ですが、日本製テーマとはデフォルトの状態がだいぶ違うんですね。

 

それを日本語に最適化するには、文字フォントの変更・文字サイズの変更など、多少のカスタマイズが必要になります。

 

慣れてくるとそんなに難しい設定変更では無いのですが、カスタマイズするのは面倒!って方は海外製テーマは辞めておいた方が良いかもしれません。

 

それと、海外製WordPressテーマは、設定部分などが「全て英語」で書かれていますので、英語NG!って方も厳しいかと。

 

もしチャレンジする場合は、英語→日本語に変更できるプラグインもあるので、それを使ってチャレンジしてみてください。

ご紹介!海外のかっこいいWordPressテーマを日本語で使う方法

「機能性と使い勝手」の違い

次に、海外製テーマと国産テーマの大きな違いとしては、「機能性や使い勝手」が挙げられます。

 

日本は島国ということもあってか、WordPressテーマ市場においてもガラパゴス的でして、WordPressテーマの作りも世界的に見てかなり異質です。

(とはいえ、日本製テーマに慣れている人が多いため、大抵の人は海外製テーマが異質になるはずですが…笑)

 

全くと言っていいほど使い勝手が違うので、日本製テーマに慣れている人でも海外製テーマを触ると「ウッ…。」となる人は多いはず(笑)

 

ただ、総じて「圧倒的に海外製テーマの方が多機能」でして、オールインワンで何にでも使える事が多いです。

 

価格の違い

最後の違いは「価格」。

 

海外製テーマの方が圧倒的に安い傾向があります。世界一のWordPress販売プラットフォーム「themeforest」で売れているテーマを見ればざっくりとした相場感がわかるはず。

 

->>themeforestはこちら

 

日本だとWordPressテーマ1つで15000円なんて価格もよくある話ですが、海外製だと100ドル(10000円~12000円)を超えるテーマの方が少ないです。

なので、安くて高機能を求めるなら海外製有料テーマがおすすめですね。特に、WordPress中級者以上はね。

おしゃれな無料WordPressテーマまとめ

まずは、無料でおしゃれなWordPressテーマテンプレートから。

日本語対応のおしゃれな無料wordpressテーマ

日本製でおしゃれな無料テーマについて。

Cocoon(コクーン)

1つ目に紹介するのは、無料の日本製テーマとして最高レベルと評価されているテーマ「Cocoon(コクーン)」です。

 

->>Cocoon公式サイトはこちら

 

Cocoonには、デザインを簡単に変えられる「デザインスキン機能」があります。色々なデザイナーが開発したデザインスキンを自由に選ぶだけでおしゃれな雰囲気のサイトを作れますよ。

 

また、Cocoonは無料とは思えない多機能性も持ち合わせているので、テーマ1つでWordPressサイト制作に必要な基本機能は全てまかなえるのもポイントです。本当に素晴らしい無料テーマでして、誰にでもおすすめしている次第です(笑)

 

->>Cocoon公式サイトはこちら

 

その他のおすすめ日本語対応WordPressテーマは以下の記事で紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

【2019年版】おすすめの無料WordPressテーマテンプレートは4つだけ【初心者向け&日本語対応】- 2018年版→最新版へ更新済み

海外製のおしゃれな無料wordpressテーマ

次は、海外製のおしゃれなテーマ。

おしゃれな写真を使ったサイトを作りたいなら『PURE(ピュア)』

 

PUREは写真を沢山使ったポートフォリオサイトを作りたいならおすすめのテーマです。

 

->>PURE公式サイトはこちら

 

もちろんブログにも使えます。綺麗な写真を使うだけで、簡単におしゃれな雰囲気にできますよ。

 

PUREは海外製のテーマらしく、ややミニマルなデザインがあるので、落ち着いた雰囲気のテーマを求めているならぴったりだと思います。

 

->>PUREを使ったデモサイトを見る

 

海外製のポートフォリオ用テーマもおすすめ

美しい写真を前面に押し出したポートフォリオ向けWordPressテーマもおしゃれなものが多くあるので、あわせてチェックしてみてください。

ポートフォリオサイトにおすすめの無料WordPressテーマまとめ【日本語対応方法あり】 

 

おしゃれな有料WordPressテーマまとめ

ここからは、有料でおしゃれなWordPressテーマを紹介します。

 

有料テーマは機能性が充実しているので、余計なプラグインを入れる必要が無かったり、デザインも無料テーマより作り込まれていておしゃれなものが多いです。

 

「無料テーマを使ってみたけど、どうもイマイチ…。」と感じたならこちらをチェックしてみると良いでしょう。

日本語対応のおしゃれな有料wordpressテーマ

まずは、日本製でおしゃれな有料WordPressテーマです。

なんでもできる万能型テーマ『Thor(ソール)』

 

当サイトでも使っている日本製有料テーマ「The Thor(ザ・トール)」は、色々なデザインテンプレートにワンタッチで変えられるので、非常に便利です。(当サイトのデザインもテンプレでして、3分くらいで作りました笑)

 

->>The THORのデモサイトはこちら

 

->>The THORの口コミをみる

 

The THORの公式サイトには、各種デザインテンプレートのデモサイトがあるので、一度チェックしてみると良いですよ。おしゃれなテンプレが多数あります。

 

値段は15000円くらいしますが、1度買えば何サイトでも使い回しできるのもポイントです。

The THORはおしゃれなデザインのまま、簡単に1カラムにもできる

1カラム(1列表示)でおしゃれなテーマを探している人もいると思いますが、The THORならボタン1つで1カラムにもできます。記事ごとにカラム数を設定できるので、かなり便利ですよ。

 

おしゃれなメディア向けテーマ『AFFINGER5(アフィンガー5)』

 

AFFINGER5(アフィンガー5)も、The THOR同様、色々なデザインがボタン1つで切り替えできます。AFFINGER5はWINGという名前も持っています。(ちょっと紛らわしいですね…。笑)

 

->>AFFINGER5公式サイトはこちら

 

AFFINGER5とThe THORの違いとしては、

  • AFFINGERシリーズの方が歴史が古く、ユーザーが多い
  • AFFINGER5の方がユーザーが多いため、解説記事もたくさんある
  • AFFINGER5の方がよりカッチリしたデザイン。人によってはAFFINGER5は地味に見えるかも
  • 簡単にプロっぽいデザインを求めるならThe THORの方が向いている

 

このような感じ。両テーマ共におしゃれのベクトルは若干違いますが、より簡単にカッコ良いデザインにしたいならThe THORの方がやや向いているかなと思います。

 

値段はAFFINGERも15000円程度なので、そんなに変わらないです。両テーマのデモサイトを見比べてみて、好きな方を選んでみるのをおすすめします。

 

->>AFFINGER5のデモサイトはこちら

 

おしゃれなブログ向け有料テーマ『SANGO』

 

SANGO(サンゴ)は、フラットデザインを活かした柔らかい雰囲気が特徴的なテーマです。

 

「おしゃれなテーマを探しているんだけど、どれもちょっと硬いっていうか、スタイリッシュすぎるんだよなぁ…。」って方にはSANGOがハマると思います。

 

->>SANGOをもっと詳しくみる

 

海外製のおしゃれな有料wordpressテーマ

次は、海外製の有料WordPressテーマについて。

おしゃれなメディア向けWordPressテーマ『ENFOLD(エンフォルド)』

海外製テーマで今最も人気があるテーマといえば、この『ENFOLD(エンフォルド)』でしょう。

 

メディア向けと書きましたが、ENFOLDはぶっちゃけなんでもできます(笑)

 

ENFOLDも各種事業向け・メディア向けのデザインテンプレートが20個以上用意されていまして、WordPress管理画面から好きなものをインストールできます。すると、完成されたデザインが一瞬で完成してしまうという感じです。

 

こちらでENFOLDの各種デザインテンプレが確認できるのでチェックしてみてください。

 

->>ENFOLDのデモサイトはこちら

 

デモサイトを見てもらえればわかると思いますが、「これが一瞬でできるなんて、ヤバすぎでしょ…。」って思いませんか?(僕は思いました笑)

 

海外製テーマの方が総じて価格が安く、機能性も高い傾向があるんですが、このENFOLDはその全部乗せの究極版みたいなテーマです。

 

このENFOLDの各デザインを切り売りしているような日本製の某社有料テーマを買うのがアホらしくなります(笑)

 

価格も39ドルとかなりお手頃です。1つで何でも事足りるおしゃれなテーマをお探しならENFOLDをおすすめします。

 

->>ENFOLD公式サイトはこちら

 

まとめ

この記事では、おしゃれなWordPressテーマを厳選して紹介しました。

最後に、紹介したテーマをまとめます。