ポートフォリオサイトにおすすめの無料WordPressテーマまとめ【日本語対応方法あり】 

どうも。俺のSEO対策、管理人のスズキです。

今回は、ポートフォリオ向けのWordPressテーマを厳選して紹介します。

 

いずれのテーマも世界的に評価されている人気テーマです。

 

美しい写真を前面に押し出したサイトを作りたいなら参考にしてみてください。それではどうぞ。

 

前提条件:全WordPressテーマレスポンシブ対応

今回ご紹介する全てのWordPressテーマはレスポンシブ対応しているため、スマホやタブレットでも美しくサイトが表示されます。

今時レスポンシブ対応していないテーマの方が少ないですが、テーマ選びの際は一応注意してみてください。

 

国産テーマと海外製テーマの違いについて

WordPressテーマを紹介する前に、国産(日本製)WordPressテーマと海外製のWordPressテーマの違いについて解説します。

「違いなんてどーでも良いよ!」って方はこちらをクリックすると、WordPressテーマの紹介に飛べますのでどうぞ。

 

(ポートフォリオサイト向けのテーマは海外製が多くなっています。)

テーマのデザインが持つ「雰囲気」の違い

国産テーマと海外製テーマの間には以下のような雰囲気の違いがあります。

  • 国産テーマは「柔らかい雰囲気」のテーマが多い
  • 海外製テーマはパキッとした硬さがあり、「都会的でスタイリッシュな雰囲気」のテーマが多い

 

上記のような感じでだいぶ雰囲気のベクトルが違います。

 

まずは、海外製か国産のどっちが好みに近いかで考えると、結論に辿り着くまで早くなるかと思いますね。

海外製テーマはカスタマイズが前提

ただ、海外製WordPressテーマは英語で文字を書いた時に最も美しく表示されるように設定されています。まぁ、海外製なので当たり前ですが、日本製テーマとはデフォルトの状態がだいぶ違うんですね。

 

それを日本語に最適化するには、文字フォントの変更・文字サイズの変更など、多少のカスタマイズが必要になります。

 

慣れてくるとそんなに難しい設定変更では無いのですが、カスタマイズするのは面倒!って方は海外製テーマは辞めておいた方が良いかもしれません。

 

それと、海外製WordPressテーマは、設定部分などが「全て英語」で書かれていますので、英語NG!って方も厳しいかと。

 

もしチャレンジする場合は、英語→日本語に変更できるプラグインもあるので、それを使ってチャレンジしてみてください。

ご紹介!海外のかっこいいWordPressテーマを日本語で使う方法

「機能性と使い勝手」の違い

次に、海外製テーマと国産テーマの大きな違いとしては、「機能性や使い勝手」が挙げられます。

 

ただ、これは有料テーマに限った話です。

 

日本は島国ということもあってか、WordPressテーマ市場においてもガラパゴス的でして、WordPressテーマの作りも世界的に見てかなり異質です。

 

(とはいえ、日本製テーマに慣れている人が多いため、大抵の人は海外製テーマが異質になるはずですが…笑)

 

全くと言っていいほど使い勝手が違うので、日本製テーマに慣れている人でも海外製テーマを触ると「ウッ…。」となる人は多いはず(笑)

 

ただ、総じて「圧倒的に海外製有料テーマの方が多機能」でして、オールインワンで何にでも使える事が多いです。

 

価格の違い

最後の違いは「価格」。

 

海外製テーマの方が圧倒的に安い傾向があります。世界一のWordPress販売プラットフォームであるtheme forrestで売れているテーマを見ればざっくりとした相場感がわかるはず。

 

->>theme forrestはこちら

 

日本だとWordPressテーマ1つで15000円なんて価格もよくある話ですが、海外製だと100ドルを超えるテーマの方が少ないと思います。

 

ポートフォリオサイトにおすすめの無料WordPressテーマ

それでは、ポートフォリオサイト向け無料WordPressテーマを、デザインの雰囲気ごとにおすすめなもので分けて紹介していきます。

Pixgraphy

Pixgraphyはサイト全体にタイル上に写真を表示できるテーマです。

カッコいい写真を使用すれば簡単にプロっぽいポートフォリオサイトが作成できますね。

 

->>Pixgraphyのダウンロードはこちら

 

Portfolio Gallery

Portfolio Galleryは黒を基調としたスタイリッシュなデモページが印象的なテーマです。

写真をじっくりと見て欲しい人におすすめします。

 

->>Portfolio Galleryのダウンロードはこちら

 

Hitchcock

Hitchcockは3×3の均一な写真配置が特徴的なテーマ。作者: Anders Norénさんはスウェーデン出身ということもあり、北欧系の匂いを感じますね。

 

->>Hitchcockのダウンロードはこちら

 

WP Portfolio

WP Portfolioはどちらかというとイラスト系のポートフォリオサイト向けなテーマです。

 

->>WP Portfolioのダウンロードはこちら

 

Electa

Electaは写真同士のスキマが無い、サイト全体にびっしりと画像が表示されるようなイメージにぴったりのWordPressテーマです。

 

->>Electaのダウンロードはこちら

 

Fukasawa

FukasawaHitchcockと同様の作者: Anders NorénさんによるWordPressテーマ。ミニマルな雰囲気が特徴的です。

 

->>Fukasawaのダウンロードはこちら

 

まとめ

この記事では、ポートフォリオサイト制作におすすめのWordPressテーマを紹介しました。

最後に、この記事で紹介したテーマをまとめます。

 

 

記事が参考になれば幸いです。それでは今日はこの辺で。