【激安あり】独自ドメイン取得/購入におすすめのサービスは3つだけ【大手ドメインレジストラ業者完全比較】

 

どうも。俺のSEO対策、管理人のスズキです。

  

今回は、Webサイトを立ち上げるために必須のアイテム、『独自ドメイン』の取得・管理におすすめのサービス、『ドメインレジストラ』について解説します。

 

   

取得するドメインの種類によっても最適なドメインレジストラは変わってくるので、じっくりと読んでみてくださいね。それではどうぞ。

  

目次

ドメイン取得する際の注意点について

  

ドメインを取得する際に気をつけるべきポイントがいくつかあります。まずは、それらについて解説していきますね。

  

ドメイン取得時の費用だけでなく、更新料も気にしよう

  

ドメインの所有に掛かるお金は2つあります。

 

  • ドメイン購入時に掛かる費用
  • 1年ごとのドメイン更新料

 

購入時に掛かるお金に関しては目に見えやすいのですが、1年ごとに掛かるドメイン更新料にも注意した方が良いです。

 

   

->>ドメイン取得費用一覧はこちら

 

   

なぜなら、「ドメインを買う時は安いけど、更新料が高い種類のトップレベルドメイン(TLD)」があるから。TLDというのは、.comとか.netとかのドメイン末尾部分のこと。

 

   

例えば、以下のTLDは更新料が高めなので、特別そのTLDに拘りが無いのであれば取得はおすすめしません。

 

  • .top
  • .space
  • .kyoto

 

などなど。あまり見かけないマニアックなTLDは更新料も高い傾向がありますね。

 

 

各種ドメイン更新料はこちらのページで確認できます。

  

->>https://www.onamae.com/service/d-renew/price.html

 

 

ちなみに、ムームードメインは管理画面もシンプル&モダンで使いやすいです。

 

ムームードメインのデメリット

  

ムームードメインは価格は若干高めですね。それもあり、僕は.orgの管理にだけ使っています。

 

  

ただ、管理画面は今回紹介した3つの中で一番使いやすいので、一度チェックしてみると良いと思いますよ。

 

 

 

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

 

 

おすすめのドメインレジストラ海外編

  

基本的には上記の3つのサービスだけで十分です。特に、これからサイト制作を始める初心者はここから書く内容は気にしないでください。

 

 

取得するTLDの種類によっては、国内のドメインレジストラでは取得不可な場合があります。

  

 

例えば、.nlとか.org.uk、.co.ukとかですかね。思いっきり海外のTLDです。

 

 

正直、これらのTLDを僕はあまり取らないのですが、中古ドメインユーザーだと使っている人を結構見かけますね。

2019年、中古ドメインはSEO効果なし!?新規と比較テストしてみた【新規ドメインとオールドドメインを徹底評価した結果とは】- アフィリエイト向け記事(2018年版から更新済み)

  

 

  

その類の特殊なドメインを取得したい場合には「海外のドメインレジストラ」を使います。

  

ここからは、そんな海外ドメインレジストラについていくつか紹介します。

 

ちなみに、海外のドメインレジストラで.comや.netなど一般的なドメインも取得できますが、管理が面倒になりますし、あまりメリットが無いので辞めておいた方が良いです。

 

GoDaddy(ゴーダディー)

 

 

世界的に見て、恐らく最も有名なドメインレジストラ「GoDaddy」です。

 

  

値段も割と安いですし、他の海外レジストラで取得できないような.nl、.org.uk、co.ukドメインなどもGoDaddyなら取れるので、基本的にはGoDaddy一択で大丈夫です。

 

 

まとめ

  

この記事では、これからWebサイトを作り始める方に向けて「ドメイン取得におすすめのサービス」について、厳選して紹介しました。

 

 

ドメインの文字列やTLDなどはビジネス的にほぼ影響が無いので、好きなものを取得すればOKですが、迷ったら「.com、もしくは.net」で「お店の名前や、自分の名前」で登録すれば大丈夫。

 

  

細かいところで迷っている時間がもったいないので、サクサクと進んでいきましょう。

 

 

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

 

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

 

 

そして、ドメインを取得したら、次に考えるべきことは「レンタルサーバーの選定」です。

 

  

こちらの記事では、おすすめのレンタルサーバーを厳選して3つだけ紹介しています。ぜひあわせて読んでみてくださいね。

 

 

俺のSEO対策

WordPress(ワードプレス)におすすめのレンタルサーバーが知りたいですか?本記事では、ニーズ別に3つのレンタル…

 

 

 

  

ムームードメインはここまで紹介した「お名前.com」「バリュードメイン」に比べてそれほど安くもないので、ある特殊な状況の場合のみおすすめしています。それは以下の通り。

 

ムームードメインのメリット

  

僕は「.org」ドメインを取得する時のみ、ムームードメインを使います。

 

  

なぜなら、他のドメインレジストラだと、.orgドメインを管理する際に個人情報が丸見えになってしまうから。

 

 

こちらのWHOISで調べたいドメインのURLを入力すると、そのドメインの所有者の情報が確認出来るんです。

 

  

.comや.netなど一般的なTLDの場合、ドメインレジストラが登録情報を肩代わりしてくれるんですが、.orgだけは自分の情報が丸見えになってしまうという。(多分、.orgは法人も使うことがあるからですかね…?)

 

 

で、お名前.comやバリュードメインだと個人情報丸見えなのですが、このムームードメインだと.orgドメインでも登録情報を肩代わりしてもらえます。

  

 

なので、『.orgドメインを使う場合のみ、ムームードメインを使うのがおすすめ』という感じですね。

 

 

ちなみに、ムームードメインは管理画面もシンプル&モダンで使いやすいです。

 

ムームードメインのデメリット

  

ムームードメインは価格は若干高めですね。それもあり、僕は.orgの管理にだけ使っています。

 

  

ただ、管理画面は今回紹介した3つの中で一番使いやすいので、一度チェックしてみると良いと思いますよ。

 

  

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

  

おすすめのドメインレジストラ海外編

  

基本的には上記の3つのサービスだけで十分です。特に、これからサイト制作を始める初心者はここから書く内容は気にしないでください。

 

 

取得するTLDの種類によっては、国内のドメインレジストラでは取得不可な場合があります。

  

 

例えば、.nlとか.org.uk、.co.ukとかですかね。思いっきり海外のTLDです。

 

 

正直、これらのTLDを僕はあまり取らないのですが、中古ドメインユーザーだと使っている人を結構見かけますね。

2019年、中古ドメインはSEO効果なし!?新規と比較テストしてみた【新規ドメインとオールドドメインを徹底評価した結果とは】- アフィリエイト向け記事(2018年版から更新済み)

  

 

  

その類の特殊なドメインを取得したい場合には「海外のドメインレジストラ」を使います。

  

ここからは、そんな海外ドメインレジストラについていくつか紹介します。

 

ちなみに、海外のドメインレジストラで.comや.netなど一般的なドメインも取得できますが、管理が面倒になりますし、あまりメリットが無いので辞めておいた方が良いです。

 

GoDaddy(ゴーダディー)

 

 

世界的に見て、恐らく最も有名なドメインレジストラ「GoDaddy」です。

 

  

値段も割と安いですし、他の海外レジストラで取得できないような.nl、.org.uk、co.ukドメインなどもGoDaddyなら取れるので、基本的にはGoDaddy一択で大丈夫です。

 

 

まとめ

  

この記事では、これからWebサイトを作り始める方に向けて「ドメイン取得におすすめのサービス」について、厳選して紹介しました。

 

 

ドメインの文字列やTLDなどはビジネス的にほぼ影響が無いので、好きなものを取得すればOKですが、迷ったら「.com、もしくは.net」で「お店の名前や、自分の名前」で登録すれば大丈夫。

 

  

細かいところで迷っている時間がもったいないので、サクサクと進んでいきましょう。

 

 

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

 

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

 

 

そして、ドメインを取得したら、次に考えるべきことは「レンタルサーバーの選定」です。

 

  

こちらの記事では、おすすめのレンタルサーバーを厳選して3つだけ紹介しています。ぜひあわせて読んでみてくださいね。

 

 

俺のSEO対策

WordPress(ワードプレス)におすすめのレンタルサーバーが知りたいですか?本記事では、ニーズ別に3つのレンタル…

 

 

あと、バリュードメインは、お名前.comに比べて管理画面が見やすく、使いやすいです。お名前.comのようなモッサリ感も無いので、サクサクサイトが表示されます。

  

バリュードメインのデメリット

  

セール時で無い時のバリュードメインは、全体的にお名前.comに比べてやや値段が高い印象があります。

  

とは言っても、1個数十円程度の話ですけどね。

 

 

お名前.comの方が全体的に若干安いので、好みのTLDで比較してみると良いですよ。

  

それ以外は特にバリュードメインのデメリットは見当たりませんが、.orgドメインを購入・管理する場合のみ、次に紹介するムームードメインがおすすめです。

 

  

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

ムームードメイン(MuuMuu Domain)

 

 

3つ目は、ムームードメイン。GMOペパボ株式会社という、またまたGMOの関連会社です(笑)

 

  

国内だとむしろGMO関連会社じゃない方が珍しい感じですね。それくらい一強になっています。

 

 

 

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

 

 

 

  

ムームードメインはここまで紹介した「お名前.com」「バリュードメイン」に比べてそれほど安くもないので、ある特殊な状況の場合のみおすすめしています。それは以下の通り。

 

ムームードメインのメリット

  

僕は「.org」ドメインを取得する時のみ、ムームードメインを使います。

 

  

なぜなら、他のドメインレジストラだと、.orgドメインを管理する際に個人情報が丸見えになってしまうから。

 

 

こちらのWHOISで調べたいドメインのURLを入力すると、そのドメインの所有者の情報が確認出来るんです。

 

  

.comや.netなど一般的なTLDの場合、ドメインレジストラが登録情報を肩代わりしてくれるんですが、.orgだけは自分の情報が丸見えになってしまうという。(多分、.orgは法人も使うことがあるからですかね…?)

 

 

で、お名前.comやバリュードメインだと個人情報丸見えなのですが、このムームードメインだと.orgドメインでも登録情報を肩代わりしてもらえます。

  

 

なので、『.orgドメインを使う場合のみ、ムームードメインを使うのがおすすめ』という感じですね。

 

 

ちなみに、ムームードメインは管理画面もシンプル&モダンで使いやすいです。

 

ムームードメインのデメリット

  

ムームードメインは価格は若干高めですね。それもあり、僕は.orgの管理にだけ使っています。

 

  

ただ、管理画面は今回紹介した3つの中で一番使いやすいので、一度チェックしてみると良いと思いますよ。

 

  

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

  

おすすめのドメインレジストラ海外編

  

基本的には上記の3つのサービスだけで十分です。特に、これからサイト制作を始める初心者はここから書く内容は気にしないでください。

 

 

取得するTLDの種類によっては、国内のドメインレジストラでは取得不可な場合があります。

  

 

例えば、.nlとか.org.uk、.co.ukとかですかね。思いっきり海外のTLDです。

 

 

正直、これらのTLDを僕はあまり取らないのですが、中古ドメインユーザーだと使っている人を結構見かけますね。

2019年、中古ドメインはSEO効果なし!?新規と比較テストしてみた【新規ドメインとオールドドメインを徹底評価した結果とは】- アフィリエイト向け記事(2018年版から更新済み)

  

 

  

その類の特殊なドメインを取得したい場合には「海外のドメインレジストラ」を使います。

  

ここからは、そんな海外ドメインレジストラについていくつか紹介します。

 

ちなみに、海外のドメインレジストラで.comや.netなど一般的なドメインも取得できますが、管理が面倒になりますし、あまりメリットが無いので辞めておいた方が良いです。

 

GoDaddy(ゴーダディー)

 

 

世界的に見て、恐らく最も有名なドメインレジストラ「GoDaddy」です。

 

  

値段も割と安いですし、他の海外レジストラで取得できないような.nl、.org.uk、co.ukドメインなどもGoDaddyなら取れるので、基本的にはGoDaddy一択で大丈夫です。

 

 

まとめ

  

この記事では、これからWebサイトを作り始める方に向けて「ドメイン取得におすすめのサービス」について、厳選して紹介しました。

 

 

ドメインの文字列やTLDなどはビジネス的にほぼ影響が無いので、好きなものを取得すればOKですが、迷ったら「.com、もしくは.net」で「お店の名前や、自分の名前」で登録すれば大丈夫。

 

  

細かいところで迷っている時間がもったいないので、サクサクと進んでいきましょう。

 

 

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

 

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

 

 

そして、ドメインを取得したら、次に考えるべきことは「レンタルサーバーの選定」です。

 

  

こちらの記事では、おすすめのレンタルサーバーを厳選して3つだけ紹介しています。ぜひあわせて読んでみてくださいね。

 

 

俺のSEO対策

WordPress(ワードプレス)におすすめのレンタルサーバーが知りたいですか?本記事では、ニーズ別に3つのレンタル…

 

バリュードメインのメリット

  

バリュードメインは、たまに.comドメイン、.netドメイン、.jpドメインのセールが行われている時があります。

 

  

.jpドメインが1000円以下で買えるセールの時は、僕も大量買いする事がありますね。業務で必要なので爆買いしてますが、1個だけ買う場合は特に気にする必要は無いです(笑)

 

 

あと、バリュードメインは、お名前.comに比べて管理画面が見やすく、使いやすいです。お名前.comのようなモッサリ感も無いので、サクサクサイトが表示されます。

  

バリュードメインのデメリット

  

セール時で無い時のバリュードメインは、全体的にお名前.comに比べてやや値段が高い印象があります。

  

とは言っても、1個数十円程度の話ですけどね。

 

 

お名前.comの方が全体的に若干安いので、好みのTLDで比較してみると良いですよ。

  

それ以外は特にバリュードメインのデメリットは見当たりませんが、.orgドメインを購入・管理する場合のみ、次に紹介するムームードメインがおすすめです。

 

  

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

ムームードメイン(MuuMuu Domain)

 

 

3つ目は、ムームードメイン。GMOペパボ株式会社という、またまたGMOの関連会社です(笑)

 

  

国内だとむしろGMO関連会社じゃない方が珍しい感じですね。それくらい一強になっています。

 

  

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

  

 

  

ムームードメインはここまで紹介した「お名前.com」「バリュードメイン」に比べてそれほど安くもないので、ある特殊な状況の場合のみおすすめしています。それは以下の通り。

 

ムームードメインのメリット

  

僕は「.org」ドメインを取得する時のみ、ムームードメインを使います。

 

  

なぜなら、他のドメインレジストラだと、.orgドメインを管理する際に個人情報が丸見えになってしまうから。

 

 

こちらのWHOISで調べたいドメインのURLを入力すると、そのドメインの所有者の情報が確認出来るんです。

 

  

.comや.netなど一般的なTLDの場合、ドメインレジストラが登録情報を肩代わりしてくれるんですが、.orgだけは自分の情報が丸見えになってしまうという。(多分、.orgは法人も使うことがあるからですかね…?)

 

 

で、お名前.comやバリュードメインだと個人情報丸見えなのですが、このムームードメインだと.orgドメインでも登録情報を肩代わりしてもらえます。

  

 

なので、『.orgドメインを使う場合のみ、ムームードメインを使うのがおすすめ』という感じですね。

 

 

ちなみに、ムームードメインは管理画面もシンプル&モダンで使いやすいです。

 

ムームードメインのデメリット

  

ムームードメインは価格は若干高めですね。それもあり、僕は.orgの管理にだけ使っています。

 

  

ただ、管理画面は今回紹介した3つの中で一番使いやすいので、一度チェックしてみると良いと思いますよ。

 

  

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

  

おすすめのドメインレジストラ海外編

  

基本的には上記の3つのサービスだけで十分です。特に、これからサイト制作を始める初心者はここから書く内容は気にしないでください。

 

 

取得するTLDの種類によっては、国内のドメインレジストラでは取得不可な場合があります。

  

 

例えば、.nlとか.org.uk、.co.ukとかですかね。思いっきり海外のTLDです。

 

 

正直、これらのTLDを僕はあまり取らないのですが、中古ドメインユーザーだと使っている人を結構見かけますね。

2019年、中古ドメインはSEO効果なし!?新規と比較テストしてみた【新規ドメインとオールドドメインを徹底評価した結果とは】- アフィリエイト向け記事(2018年版から更新済み)

  

 

  

その類の特殊なドメインを取得したい場合には「海外のドメインレジストラ」を使います。

  

ここからは、そんな海外ドメインレジストラについていくつか紹介します。

 

ちなみに、海外のドメインレジストラで.comや.netなど一般的なドメインも取得できますが、管理が面倒になりますし、あまりメリットが無いので辞めておいた方が良いです。

 

GoDaddy(ゴーダディー)

 

 

世界的に見て、恐らく最も有名なドメインレジストラ「GoDaddy」です。

 

  

値段も割と安いですし、他の海外レジストラで取得できないような.nl、.org.uk、co.ukドメインなどもGoDaddyなら取れるので、基本的にはGoDaddy一択で大丈夫です。

 

 

まとめ

  

この記事では、これからWebサイトを作り始める方に向けて「ドメイン取得におすすめのサービス」について、厳選して紹介しました。

 

 

ドメインの文字列やTLDなどはビジネス的にほぼ影響が無いので、好きなものを取得すればOKですが、迷ったら「.com、もしくは.net」で「お店の名前や、自分の名前」で登録すれば大丈夫。

 

  

細かいところで迷っている時間がもったいないので、サクサクと進んでいきましょう。

 

 

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

 

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

 

 

そして、ドメインを取得したら、次に考えるべきことは「レンタルサーバーの選定」です。

 

  

こちらの記事では、おすすめのレンタルサーバーを厳選して3つだけ紹介しています。ぜひあわせて読んでみてくださいね。

 

 

俺のSEO対策

WordPress(ワードプレス)におすすめのレンタルサーバーが知りたいですか?本記事では、ニーズ別に3つのレンタル…

 

お名前.comのデメリット

  

お名前.comのデメリットとしては、管理画面の動作が全体的にモッサリしていること。遅くなりがちでストレスを感じる時もあるので、ここは改善して欲しいところですね。

 

 

ただ、ドメインの設定は一度決めたら何度も変更するものでは無いので、ドメインを数個程度持つのであれば全く問題は無いと思いますよ。

 

  

1000個~とかドメインを持ってる僕の場合の話です。

 

   

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

 

バリュードメイン(Value Domain)

 

 

次も引き続き、GMOデジロック株式会社というGMO関連企業が運営しているバリュードメイン(Value Domain)というサービスです。

 

  

GMOはドメイン関連業界では一強になっているので、大抵のサービスがGMO関連だったりします。

 

   

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

バリュードメインのメリット

  

バリュードメインは、たまに.comドメイン、.netドメイン、.jpドメインのセールが行われている時があります。

 

  

.jpドメインが1000円以下で買えるセールの時は、僕も大量買いする事がありますね。業務で必要なので爆買いしてますが、1個だけ買う場合は特に気にする必要は無いです(笑)

 

 

あと、バリュードメインは、お名前.comに比べて管理画面が見やすく、使いやすいです。お名前.comのようなモッサリ感も無いので、サクサクサイトが表示されます。

  

バリュードメインのデメリット

  

セール時で無い時のバリュードメインは、全体的にお名前.comに比べてやや値段が高い印象があります。

  

とは言っても、1個数十円程度の話ですけどね。

 

 

お名前.comの方が全体的に若干安いので、好みのTLDで比較してみると良いですよ。

  

それ以外は特にバリュードメインのデメリットは見当たりませんが、.orgドメインを購入・管理する場合のみ、次に紹介するムームードメインがおすすめです。

 

  

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

ムームードメイン(MuuMuu Domain)

 

 

3つ目は、ムームードメイン。GMOペパボ株式会社という、またまたGMOの関連会社です(笑)

 

  

国内だとむしろGMO関連会社じゃない方が珍しい感じですね。それくらい一強になっています。

 

  

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

  

 

  

ムームードメインはここまで紹介した「お名前.com」「バリュードメイン」に比べてそれほど安くもないので、ある特殊な状況の場合のみおすすめしています。それは以下の通り。

 

ムームードメインのメリット

  

僕は「.org」ドメインを取得する時のみ、ムームードメインを使います。

 

  

なぜなら、他のドメインレジストラだと、.orgドメインを管理する際に個人情報が丸見えになってしまうから。

 

 

こちらのWHOISで調べたいドメインのURLを入力すると、そのドメインの所有者の情報が確認出来るんです。

 

  

.comや.netなど一般的なTLDの場合、ドメインレジストラが登録情報を肩代わりしてくれるんですが、.orgだけは自分の情報が丸見えになってしまうという。(多分、.orgは法人も使うことがあるからですかね…?)

 

 

で、お名前.comやバリュードメインだと個人情報丸見えなのですが、このムームードメインだと.orgドメインでも登録情報を肩代わりしてもらえます。

  

 

なので、『.orgドメインを使う場合のみ、ムームードメインを使うのがおすすめ』という感じですね。

 

 

ちなみに、ムームードメインは管理画面もシンプル&モダンで使いやすいです。

 

ムームードメインのデメリット

  

ムームードメインは価格は若干高めですね。それもあり、僕は.orgの管理にだけ使っています。

 

  

ただ、管理画面は今回紹介した3つの中で一番使いやすいので、一度チェックしてみると良いと思いますよ。

 

  

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

  

おすすめのドメインレジストラ海外編

  

基本的には上記の3つのサービスだけで十分です。特に、これからサイト制作を始める初心者はここから書く内容は気にしないでください。

 

 

取得するTLDの種類によっては、国内のドメインレジストラでは取得不可な場合があります。

  

 

例えば、.nlとか.org.uk、.co.ukとかですかね。思いっきり海外のTLDです。

 

 

正直、これらのTLDを僕はあまり取らないのですが、中古ドメインユーザーだと使っている人を結構見かけますね。

2019年、中古ドメインはSEO効果なし!?新規と比較テストしてみた【新規ドメインとオールドドメインを徹底評価した結果とは】- アフィリエイト向け記事(2018年版から更新済み)

  

 

  

その類の特殊なドメインを取得したい場合には「海外のドメインレジストラ」を使います。

  

ここからは、そんな海外ドメインレジストラについていくつか紹介します。

 

ちなみに、海外のドメインレジストラで.comや.netなど一般的なドメインも取得できますが、管理が面倒になりますし、あまりメリットが無いので辞めておいた方が良いです。

 

GoDaddy(ゴーダディー)

 

 

世界的に見て、恐らく最も有名なドメインレジストラ「GoDaddy」です。

 

  

値段も割と安いですし、他の海外レジストラで取得できないような.nl、.org.uk、co.ukドメインなどもGoDaddyなら取れるので、基本的にはGoDaddy一択で大丈夫です。

 

 

まとめ

  

この記事では、これからWebサイトを作り始める方に向けて「ドメイン取得におすすめのサービス」について、厳選して紹介しました。

 

 

ドメインの文字列やTLDなどはビジネス的にほぼ影響が無いので、好きなものを取得すればOKですが、迷ったら「.com、もしくは.net」で「お店の名前や、自分の名前」で登録すれば大丈夫。

 

  

細かいところで迷っている時間がもったいないので、サクサクと進んでいきましょう。

 

 

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

 

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

 

 

そして、ドメインを取得したら、次に考えるべきことは「レンタルサーバーの選定」です。

 

  

こちらの記事では、おすすめのレンタルサーバーを厳選して3つだけ紹介しています。ぜひあわせて読んでみてくださいね。

 

 

俺のSEO対策

WordPress(ワードプレス)におすすめのレンタルサーバーが知りたいですか?本記事では、ニーズ別に3つのレンタル…

 

 

お名前.comでは、他のドメインに関しても他社より安い価格で売られている傾向があるので安さ重視ならお名前.comがベストです。

 

お得なクーポンが毎日届く

  

お名前.comを利用したことがある人には、メールで割引クーポンが届きます。

 

  

毎日4~5通くらい届くので、僕もよく利用しています(笑) .jpドメインが700円くらいで買えたりしますね。

 

 

もし、「そんなにドメイン買わないし、メール届くのウザいんだけど…。」って場合は管理画面からメール配信停止できるので安心してください。

 

 

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

お名前.comのデメリット

  

お名前.comのデメリットとしては、管理画面の動作が全体的にモッサリしていること。遅くなりがちでストレスを感じる時もあるので、ここは改善して欲しいところですね。

 

 

ただ、ドメインの設定は一度決めたら何度も変更するものでは無いので、ドメインを数個程度持つのであれば全く問題は無いと思いますよ。

 

  

1000個~とかドメインを持ってる僕の場合の話です。

 

   

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

 

バリュードメイン(Value Domain)

 

 

次も引き続き、GMOデジロック株式会社というGMO関連企業が運営しているバリュードメイン(Value Domain)というサービスです。

 

  

GMOはドメイン関連業界では一強になっているので、大抵のサービスがGMO関連だったりします。

 

   

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

バリュードメインのメリット

  

バリュードメインは、たまに.comドメイン、.netドメイン、.jpドメインのセールが行われている時があります。

 

  

.jpドメインが1000円以下で買えるセールの時は、僕も大量買いする事がありますね。業務で必要なので爆買いしてますが、1個だけ買う場合は特に気にする必要は無いです(笑)

 

 

あと、バリュードメインは、お名前.comに比べて管理画面が見やすく、使いやすいです。お名前.comのようなモッサリ感も無いので、サクサクサイトが表示されます。

  

バリュードメインのデメリット

  

セール時で無い時のバリュードメインは、全体的にお名前.comに比べてやや値段が高い印象があります。

  

とは言っても、1個数十円程度の話ですけどね。

 

 

お名前.comの方が全体的に若干安いので、好みのTLDで比較してみると良いですよ。

  

それ以外は特にバリュードメインのデメリットは見当たりませんが、.orgドメインを購入・管理する場合のみ、次に紹介するムームードメインがおすすめです。

 

  

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

ムームードメイン(MuuMuu Domain)

 

 

3つ目は、ムームードメイン。GMOペパボ株式会社という、またまたGMOの関連会社です(笑)

 

  

国内だとむしろGMO関連会社じゃない方が珍しい感じですね。それくらい一強になっています。

 

  

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

  

 

  

ムームードメインはここまで紹介した「お名前.com」「バリュードメイン」に比べてそれほど安くもないので、ある特殊な状況の場合のみおすすめしています。それは以下の通り。

 

ムームードメインのメリット

  

僕は「.org」ドメインを取得する時のみ、ムームードメインを使います。

 

  

なぜなら、他のドメインレジストラだと、.orgドメインを管理する際に個人情報が丸見えになってしまうから。

 

 

こちらのWHOISで調べたいドメインのURLを入力すると、そのドメインの所有者の情報が確認出来るんです。

 

  

.comや.netなど一般的なTLDの場合、ドメインレジストラが登録情報を肩代わりしてくれるんですが、.orgだけは自分の情報が丸見えになってしまうという。(多分、.orgは法人も使うことがあるからですかね…?)

 

 

で、お名前.comやバリュードメインだと個人情報丸見えなのですが、このムームードメインだと.orgドメインでも登録情報を肩代わりしてもらえます。

  

 

なので、『.orgドメインを使う場合のみ、ムームードメインを使うのがおすすめ』という感じですね。

 

 

ちなみに、ムームードメインは管理画面もシンプル&モダンで使いやすいです。

 

ムームードメインのデメリット

  

ムームードメインは価格は若干高めですね。それもあり、僕は.orgの管理にだけ使っています。

 

  

ただ、管理画面は今回紹介した3つの中で一番使いやすいので、一度チェックしてみると良いと思いますよ。

 

  

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

  

おすすめのドメインレジストラ海外編

  

基本的には上記の3つのサービスだけで十分です。特に、これからサイト制作を始める初心者はここから書く内容は気にしないでください。

 

 

取得するTLDの種類によっては、国内のドメインレジストラでは取得不可な場合があります。

  

 

例えば、.nlとか.org.uk、.co.ukとかですかね。思いっきり海外のTLDです。

 

 

正直、これらのTLDを僕はあまり取らないのですが、中古ドメインユーザーだと使っている人を結構見かけますね。

2019年、中古ドメインはSEO効果なし!?新規と比較テストしてみた【新規ドメインとオールドドメインを徹底評価した結果とは】- アフィリエイト向け記事(2018年版から更新済み)

  

 

  

その類の特殊なドメインを取得したい場合には「海外のドメインレジストラ」を使います。

  

ここからは、そんな海外ドメインレジストラについていくつか紹介します。

 

ちなみに、海外のドメインレジストラで.comや.netなど一般的なドメインも取得できますが、管理が面倒になりますし、あまりメリットが無いので辞めておいた方が良いです。

 

GoDaddy(ゴーダディー)

 

 

世界的に見て、恐らく最も有名なドメインレジストラ「GoDaddy」です。

 

  

値段も割と安いですし、他の海外レジストラで取得できないような.nl、.org.uk、co.ukドメインなどもGoDaddyなら取れるので、基本的にはGoDaddy一択で大丈夫です。

 

 

まとめ

  

この記事では、これからWebサイトを作り始める方に向けて「ドメイン取得におすすめのサービス」について、厳選して紹介しました。

 

 

ドメインの文字列やTLDなどはビジネス的にほぼ影響が無いので、好きなものを取得すればOKですが、迷ったら「.com、もしくは.net」で「お店の名前や、自分の名前」で登録すれば大丈夫。

 

  

細かいところで迷っている時間がもったいないので、サクサクと進んでいきましょう。

 

 

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

 

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

 

 

そして、ドメインを取得したら、次に考えるべきことは「レンタルサーバーの選定」です。

 

  

こちらの記事では、おすすめのレンタルサーバーを厳選して3つだけ紹介しています。ぜひあわせて読んでみてくださいね。

 

 

俺のSEO対策

WordPress(ワードプレス)におすすめのレンタルサーバーが知りたいですか?本記事では、ニーズ別に3つのレンタル…

 

お名前.comのメリット

  

お名前.comを使うメリットとしては、.workドメインが1円で買えること。ほぼ無料ですよね。

 

 

お名前.comでは、他のドメインに関しても他社より安い価格で売られている傾向があるので安さ重視ならお名前.comがベストです。

 

お得なクーポンが毎日届く

  

お名前.comを利用したことがある人には、メールで割引クーポンが届きます。

 

  

毎日4~5通くらい届くので、僕もよく利用しています(笑) .jpドメインが700円くらいで買えたりしますね。

 

 

もし、「そんなにドメイン買わないし、メール届くのウザいんだけど…。」って場合は管理画面からメール配信停止できるので安心してください。

 

 

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

お名前.comのデメリット

  

お名前.comのデメリットとしては、管理画面の動作が全体的にモッサリしていること。遅くなりがちでストレスを感じる時もあるので、ここは改善して欲しいところですね。

 

 

ただ、ドメインの設定は一度決めたら何度も変更するものでは無いので、ドメインを数個程度持つのであれば全く問題は無いと思いますよ。

 

  

1000個~とかドメインを持ってる僕の場合の話です。

 

   

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

 

バリュードメイン(Value Domain)

 

 

次も引き続き、GMOデジロック株式会社というGMO関連企業が運営しているバリュードメイン(Value Domain)というサービスです。

 

  

GMOはドメイン関連業界では一強になっているので、大抵のサービスがGMO関連だったりします。

 

   

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

バリュードメインのメリット

  

バリュードメインは、たまに.comドメイン、.netドメイン、.jpドメインのセールが行われている時があります。

 

  

.jpドメインが1000円以下で買えるセールの時は、僕も大量買いする事がありますね。業務で必要なので爆買いしてますが、1個だけ買う場合は特に気にする必要は無いです(笑)

 

 

あと、バリュードメインは、お名前.comに比べて管理画面が見やすく、使いやすいです。お名前.comのようなモッサリ感も無いので、サクサクサイトが表示されます。

  

バリュードメインのデメリット

  

セール時で無い時のバリュードメインは、全体的にお名前.comに比べてやや値段が高い印象があります。

  

とは言っても、1個数十円程度の話ですけどね。

 

 

お名前.comの方が全体的に若干安いので、好みのTLDで比較してみると良いですよ。

  

それ以外は特にバリュードメインのデメリットは見当たりませんが、.orgドメインを購入・管理する場合のみ、次に紹介するムームードメインがおすすめです。

 

  

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

ムームードメイン(MuuMuu Domain)

 

 

3つ目は、ムームードメイン。GMOペパボ株式会社という、またまたGMOの関連会社です(笑)

 

  

国内だとむしろGMO関連会社じゃない方が珍しい感じですね。それくらい一強になっています。

 

  

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

  

 

  

ムームードメインはここまで紹介した「お名前.com」「バリュードメイン」に比べてそれほど安くもないので、ある特殊な状況の場合のみおすすめしています。それは以下の通り。

 

ムームードメインのメリット

  

僕は「.org」ドメインを取得する時のみ、ムームードメインを使います。

 

  

なぜなら、他のドメインレジストラだと、.orgドメインを管理する際に個人情報が丸見えになってしまうから。

 

 

こちらのWHOISで調べたいドメインのURLを入力すると、そのドメインの所有者の情報が確認出来るんです。

 

  

.comや.netなど一般的なTLDの場合、ドメインレジストラが登録情報を肩代わりしてくれるんですが、.orgだけは自分の情報が丸見えになってしまうという。(多分、.orgは法人も使うことがあるからですかね…?)

 

 

で、お名前.comやバリュードメインだと個人情報丸見えなのですが、このムームードメインだと.orgドメインでも登録情報を肩代わりしてもらえます。

  

 

なので、『.orgドメインを使う場合のみ、ムームードメインを使うのがおすすめ』という感じですね。

 

 

ちなみに、ムームードメインは管理画面もシンプル&モダンで使いやすいです。

 

ムームードメインのデメリット

  

ムームードメインは価格は若干高めですね。それもあり、僕は.orgの管理にだけ使っています。

 

  

ただ、管理画面は今回紹介した3つの中で一番使いやすいので、一度チェックしてみると良いと思いますよ。

 

  

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

  

おすすめのドメインレジストラ海外編

  

基本的には上記の3つのサービスだけで十分です。特に、これからサイト制作を始める初心者はここから書く内容は気にしないでください。

 

 

取得するTLDの種類によっては、国内のドメインレジストラでは取得不可な場合があります。

  

 

例えば、.nlとか.org.uk、.co.ukとかですかね。思いっきり海外のTLDです。

 

 

正直、これらのTLDを僕はあまり取らないのですが、中古ドメインユーザーだと使っている人を結構見かけますね。

2019年、中古ドメインはSEO効果なし!?新規と比較テストしてみた【新規ドメインとオールドドメインを徹底評価した結果とは】- アフィリエイト向け記事(2018年版から更新済み)

  

 

  

その類の特殊なドメインを取得したい場合には「海外のドメインレジストラ」を使います。

  

ここからは、そんな海外ドメインレジストラについていくつか紹介します。

 

ちなみに、海外のドメインレジストラで.comや.netなど一般的なドメインも取得できますが、管理が面倒になりますし、あまりメリットが無いので辞めておいた方が良いです。

 

GoDaddy(ゴーダディー)

 

 

世界的に見て、恐らく最も有名なドメインレジストラ「GoDaddy」です。

 

  

値段も割と安いですし、他の海外レジストラで取得できないような.nl、.org.uk、co.ukドメインなどもGoDaddyなら取れるので、基本的にはGoDaddy一択で大丈夫です。

 

 

まとめ

  

この記事では、これからWebサイトを作り始める方に向けて「ドメイン取得におすすめのサービス」について、厳選して紹介しました。

 

 

ドメインの文字列やTLDなどはビジネス的にほぼ影響が無いので、好きなものを取得すればOKですが、迷ったら「.com、もしくは.net」で「お店の名前や、自分の名前」で登録すれば大丈夫。

 

  

細かいところで迷っている時間がもったいないので、サクサクと進んでいきましょう。

 

 

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

 

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

 

 

そして、ドメインを取得したら、次に考えるべきことは「レンタルサーバーの選定」です。

 

  

こちらの記事では、おすすめのレンタルサーバーを厳選して3つだけ紹介しています。ぜひあわせて読んでみてくださいね。

 

 

俺のSEO対策

WordPress(ワードプレス)におすすめのレンタルサーバーが知りたいですか?本記事では、ニーズ別に3つのレンタル…

 

 

とは言え、高くても年間3000~5000円程度の話なので、どうしてもそのTLDが気に入っているなら取っても良いと思いますよ。Webビジネスで軌道に乗れば年間5000円なんて小銭感覚ですからね。

 

高いドメイン=良いドメインでは無い

  

もしかしたら、「価格が高いドメインには、安いドメインには無い特殊なパワーがあるんじゃないか?」って思うかもしれません。(僕が初めたての頃はそう思いました。)

  

でも、大丈夫。一切ありません(笑)

 

 

当サイトを見て貰えばわかる通り、ウチでも.comを使っていますし。本当に高いドメインに何かしらの効果があるなら、僕も高いドメインを使っているはずです。(というか、他のサイトのドメインを色々チェックすれば本当のことがわかりますよね。)

 

  

高額な「プレミアムドメイン」と呼ばれるものは珍しいから付加価値があるだけで、アクセスアップに繋がるわけでは無いので気にしないでOKです。好きなヤツ買いましょう。

  

個人では取得出来ないドメインがある【co.jpなど】

  

ドメインの種類によっては、個人では取得NGなものもあります。

  

具体的には、

 

  • co.jp
  • or.jp
  • ac.jp
  • lg.jp

 

この辺りですね。

 

上記のドメインは、企業・教育機関・地方自治体など、限られた場合でしか取得出来ません。

 

 

間違って取得してしまうとドメインを剥奪されてしまうので注意しましょう。

結局ドメインの種類はどれが良い?

どれを選んでもWEBサイト運営の成功・失敗には関係ありませんので好きな種類のドメインを買えば基本的にOKですが、

  • 無難なヤツが良いなら[.com][.net] 
  • 安いのが良いなら [.work]

で選べば失敗は避けられるでしょう。

  

ドメイン取得におすすめのサービス3選

  

では、ここからは独自ドメインを1000個以上所有している僕がおすすめする「ドメイン取得サービス」を3つ、厳選して紹介します。

  

【ほぼ無料】お名前.com【最安を求めるなら】

 

 

最初に紹介するのは「お名前.com」というサービス。

 

  

もしかしたら、名前だけでも聞いたことがあるんじゃないでしょうか?この業界で一番有名なGMOインターネット株式会社が運営しているドメイン取得サービスですね。

 

   

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

お名前.comのメリット

  

お名前.comを使うメリットとしては、.workドメインが1円で買えること。ほぼ無料ですよね。

 

 

お名前.comでは、他のドメインに関しても他社より安い価格で売られている傾向があるので安さ重視ならお名前.comがベストです。

 

お得なクーポンが毎日届く

  

お名前.comを利用したことがある人には、メールで割引クーポンが届きます。

 

  

毎日4~5通くらい届くので、僕もよく利用しています(笑) .jpドメインが700円くらいで買えたりしますね。

 

 

もし、「そんなにドメイン買わないし、メール届くのウザいんだけど…。」って場合は管理画面からメール配信停止できるので安心してください。

 

 

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

お名前.comのデメリット

  

お名前.comのデメリットとしては、管理画面の動作が全体的にモッサリしていること。遅くなりがちでストレスを感じる時もあるので、ここは改善して欲しいところですね。

 

 

ただ、ドメインの設定は一度決めたら何度も変更するものでは無いので、ドメインを数個程度持つのであれば全く問題は無いと思いますよ。

 

  

1000個~とかドメインを持ってる僕の場合の話です。

 

   

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

 

バリュードメイン(Value Domain)

 

 

次も引き続き、GMOデジロック株式会社というGMO関連企業が運営しているバリュードメイン(Value Domain)というサービスです。

 

  

GMOはドメイン関連業界では一強になっているので、大抵のサービスがGMO関連だったりします。

 

   

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

バリュードメインのメリット

  

バリュードメインは、たまに.comドメイン、.netドメイン、.jpドメインのセールが行われている時があります。

 

  

.jpドメインが1000円以下で買えるセールの時は、僕も大量買いする事がありますね。業務で必要なので爆買いしてますが、1個だけ買う場合は特に気にする必要は無いです(笑)

 

 

あと、バリュードメインは、お名前.comに比べて管理画面が見やすく、使いやすいです。お名前.comのようなモッサリ感も無いので、サクサクサイトが表示されます。

  

バリュードメインのデメリット

  

セール時で無い時のバリュードメインは、全体的にお名前.comに比べてやや値段が高い印象があります。

  

とは言っても、1個数十円程度の話ですけどね。

 

 

お名前.comの方が全体的に若干安いので、好みのTLDで比較してみると良いですよ。

  

それ以外は特にバリュードメインのデメリットは見当たりませんが、.orgドメインを購入・管理する場合のみ、次に紹介するムームードメインがおすすめです。

 

  

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

ムームードメイン(MuuMuu Domain)

 

 

3つ目は、ムームードメイン。GMOペパボ株式会社という、またまたGMOの関連会社です(笑)

 

  

国内だとむしろGMO関連会社じゃない方が珍しい感じですね。それくらい一強になっています。

 

  

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

  

 

  

ムームードメインはここまで紹介した「お名前.com」「バリュードメイン」に比べてそれほど安くもないので、ある特殊な状況の場合のみおすすめしています。それは以下の通り。

 

ムームードメインのメリット

  

僕は「.org」ドメインを取得する時のみ、ムームードメインを使います。

 

  

なぜなら、他のドメインレジストラだと、.orgドメインを管理する際に個人情報が丸見えになってしまうから。

 

 

こちらのWHOISで調べたいドメインのURLを入力すると、そのドメインの所有者の情報が確認出来るんです。

 

  

.comや.netなど一般的なTLDの場合、ドメインレジストラが登録情報を肩代わりしてくれるんですが、.orgだけは自分の情報が丸見えになってしまうという。(多分、.orgは法人も使うことがあるからですかね…?)

 

 

で、お名前.comやバリュードメインだと個人情報丸見えなのですが、このムームードメインだと.orgドメインでも登録情報を肩代わりしてもらえます。

  

 

なので、『.orgドメインを使う場合のみ、ムームードメインを使うのがおすすめ』という感じですね。

 

 

ちなみに、ムームードメインは管理画面もシンプル&モダンで使いやすいです。

 

ムームードメインのデメリット

  

ムームードメインは価格は若干高めですね。それもあり、僕は.orgの管理にだけ使っています。

 

  

ただ、管理画面は今回紹介した3つの中で一番使いやすいので、一度チェックしてみると良いと思いますよ。

 

  

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

  

おすすめのドメインレジストラ海外編

  

基本的には上記の3つのサービスだけで十分です。特に、これからサイト制作を始める初心者はここから書く内容は気にしないでください。

 

 

取得するTLDの種類によっては、国内のドメインレジストラでは取得不可な場合があります。

  

 

例えば、.nlとか.org.uk、.co.ukとかですかね。思いっきり海外のTLDです。

 

 

正直、これらのTLDを僕はあまり取らないのですが、中古ドメインユーザーだと使っている人を結構見かけますね。

2019年、中古ドメインはSEO効果なし!?新規と比較テストしてみた【新規ドメインとオールドドメインを徹底評価した結果とは】- アフィリエイト向け記事(2018年版から更新済み)

  

 

  

その類の特殊なドメインを取得したい場合には「海外のドメインレジストラ」を使います。

  

ここからは、そんな海外ドメインレジストラについていくつか紹介します。

 

ちなみに、海外のドメインレジストラで.comや.netなど一般的なドメインも取得できますが、管理が面倒になりますし、あまりメリットが無いので辞めておいた方が良いです。

 

GoDaddy(ゴーダディー)

 

 

世界的に見て、恐らく最も有名なドメインレジストラ「GoDaddy」です。

 

  

値段も割と安いですし、他の海外レジストラで取得できないような.nl、.org.uk、co.ukドメインなどもGoDaddyなら取れるので、基本的にはGoDaddy一択で大丈夫です。

 

 

まとめ

  

この記事では、これからWebサイトを作り始める方に向けて「ドメイン取得におすすめのサービス」について、厳選して紹介しました。

 

 

ドメインの文字列やTLDなどはビジネス的にほぼ影響が無いので、好きなものを取得すればOKですが、迷ったら「.com、もしくは.net」で「お店の名前や、自分の名前」で登録すれば大丈夫。

 

  

細かいところで迷っている時間がもったいないので、サクサクと進んでいきましょう。

 

 

->>お名前.com公式サイトはこちら

 

 

->>バリュードメイン公式サイトはこちら

 

 

->>ムームードメイン公式サイトはこちら

 

 

そして、ドメインを取得したら、次に考えるべきことは「レンタルサーバーの選定」です。

 

  

こちらの記事では、おすすめのレンタルサーバーを厳選して3つだけ紹介しています。ぜひあわせて読んでみてくださいね。

 

 

俺のSEO対策

WordPress(ワードプレス)におすすめのレンタルサーバーが知りたいですか?本記事では、ニーズ別に3つのレンタル…