【最速あり】WordPressサイトの表示速度が速いレンタルサーバー3選【超高速】

どうも。俺のSEO対策、管理人のスズキです。

今回は、WordPressがサクサク動く、高速レンタルサーバーを厳選してご紹介します。

 

サーバー速度はスペックでもある程度は判断できますが、最終的には実際に使ってみて違いを確かめるのが安全です。

 

最速を求めるなら、興味があるサーバーを2~3種類試してみてください。それではどうぞ。

WordPressが高速で使えるサーバースペックとは?

これまで数々のレンタルサーバーを試してきた中で、このスペックのものはWordPressが速いという、絶対に外せないポイントがいくつかあります。まずはそれらについて解説していきますね。

 

HDDではなく、SSDが使われているサーバーを選ぼう

レンタルサーバーのデータを保存するディスクにはHDDとSSDの2種類あります。

パソコンのデータを保存するストレージにも使われているので知っているかもしれませんね。

 

そして、SSDはHDDよりも、処理速度が速いです。なので、速さを求めるならSSDが使われているサーバーを選びましょう。

 

ストレージはオールSSD RAID10構成がおすすめ

レンタルサーバーのストレージにはRAIDというスペックがあります。

RAIDとは、データを保存するストレージ構成に関わる技術の1種でして、種類によってストレージの処理速度・安定性に違いがあります。

複数のHDDドライブをひとつのHDDのように認識・表示させる技術です。複数のドライブにデータを分散して書きこむため、データの安全性向上や高速化に役立ちます。

引用:RAIDとは?

 

各RAIDの違いに関してはこちらの記事を参考にしてください。

株式会社バッファロー

特長別RAIDモードガイドに関するサイト。RAIDの基礎やRAIDの違い等の情報をご紹介。…

 

RAIDは

  • RAID0
  • RAID1
  • RAID5
  • RAID6
  • RAID10

の5種類あり、レンタルサーバーでは「RAID10」「RAID5」「RAID1」の3種類が使われることがほとんどです。

 

その中でも、RAID10が速度・安定性のバランスに優れているため、もっともレンタルサーバーに好ましいです。

もっとも処理速度が速いのはRAID0ですが、トラブルでデータが消えてしまった場合の復元ができないためレンタルサーバーで導入している会社はありません。

 

 

WEBサーバーにはLiteSpeedもしくはNGINXが使われているものを選ぼう

レンタルサーバーには、オンライン上にサイトをアップするための「Webサーバー(ウェブサーバー)」というプログラムが仕込まれています。

レンタルサーバーに使われるWEBサーバーは、

  • Apache(アパッチ)
  • NGINX(エンジンエックス)
  • LiteSpeed(ライトスピード)

の3種類あります。

その中でも、LiteSpeedか、NGINXが使われているサーバーを選びましょう。なぜなら、その2つはApacheに比べて圧倒的に処理速度が速いからです。以下、参考URLをいくつか載せておきます。

Kinsta

NginxとApacheはどう違うのでしょうか?上記のウェブサーバーを比較して、WordPressならどちらが最速である…

Monitis Blog

There is a big amount of web servers each has its own benefi…

 

WordPressが早い!おすすめレンタルサーバー3選

ここからはWordPressが安定して速く使えるレンタルサーバーを3つ厳選して紹介します。いずれも、僕自身が現在まで使い続けているので、サーバーの速さ・安定性は保証します。

 

1位:【国内最速】ConoHa WING【2019年最強サーバー】
(※限定無料クーポン情報あり)

まず紹介するのは、国内最速の表示速度を誇るレンタルサーバー『ConoHa WING(コノハ ウィング)』。

->>ConoHa WINGサーバー公式サイトはこちら
※2週間無料で試せます

 

->>ConoHa WINGの口コミ・評判はこちら

 

50社以上使った上での私見ですが、個人向け価格帯のサーバーならConoHa WINGが最強だと思っています。

 

僕も当サイトをConoHa WINGで運用していますが、笑いが漏れてしまうくらい速いです(笑)

 

豆知識

サイトの表示速度が速いメリットとしては、「ユーザーが快適にサイトを見れるので、検索順位向上に繋がりやすい」ってこと。サイトに訪れるお客さんが増える可能性が高まります。

 

※逆に、表示速度が遅い場合は、『文章を読まれる前にページを閉じられる可能性が高くなる』ので注意が必要です。

 

さらに、WEBサイトの表示速度はGoogle検索エンジンの掲載順位を決めるアルゴリズムにも関係があり、基本的に『処理速度が速いほど上位表示に繋がりやすい ≒ 収益が増えやすい』です。

 

ちなみに、以下の記事では、そんなConoHa WINGを使用している当サイトのサイトスピードをチェックした結果を公開しています。ぜひ読んでみてください。

 

–>>PageSpeed Insightsで100点取りました【Googleページスピードインサイト】

 

–>>【100点GET】GTmetrixとは?使い方とスコア改善方法・WordPress最適化を解説

 

ConoHa WINGサーバーの管理画面には無駄な設定・機能が無くシンプルなので、初心者でも簡単に扱いやすいですね。

 

また、サーバートラブルについてConoHa WING契約前に直接問い合わせてみたところ、『2018年のサーバー提供開始から大きなトラブルはゼロ』とのことでした。

 

サーバートラブルでサイトが表示されなくなると、その分収益が減るわけなので…企業系サイトなら特にしっかりしたサーバーを選ばなければいけません。

 

軽く数万単位でお金が吹っ飛びますから。もちろん、個人のブログでも同様です。

 

サーバー料金は一番安いベーシックプランで2円/1時間です。サーバーを立ち上げている間だけ課金される仕組みなので無駄がありません。

 

ベーシックプランでも相当な規模のアクセスに耐えられますし、契約プランはいつでも自由に切り替え出来るので、最初は一番安いベーシックプランでOKですよ。

 

->>ConoHa WINGサーバーを試してみる
※2週間無料で試せます

契約する前にチェック!

ConoHa WINGに使える限定無料クーポンがゲットできるので、契約する前にこちらの記事をチェックしてみてください。

->>https://www.hiroyukisuzuki.com/entry/conoha-wing-coupon/

 

2位:【安定のシェアNo.1】エックスサーバー(Xserver)

次に紹介するのはエックスサーバー(Xserver)。これから始める初心者ならエックスサーバーで最安のX10プランで十分です。

–>>エックスサーバー公式サイトはこちら
※無料で10日間試せます

 

->>エックスサーバーの口コミ・評判はこちら

 

エックスサーバーはレンサバ界ではかなり知名度もあり、サポートが充実していることで有名です。

 

エックスサーバーは24時間365日のメールサポート体制があり、「トラブルでサイトが見れなくなってしまった…。」なんて時もメール1本で簡単に解決方法を教えてもらえます。

 

実際にサイト制作を初めてみるとわかるのですが、初心者の頃は「変な設定をしたためにサイトが全く表示されなくなる」ようなトラブルを体験するはずです(笑) 実は、僕もそうだったので(笑)

 

そのようなトラブルに遭遇すると正直かなり焦るのですが、エックスサーバーならサポートで解決してしまうので安心ですね。とにかくネット関係はわからない事だらけで不安…と感じているならエックスサーバーを選ぶと良いかと思います。

 

また、エックスサーバーのユーザー数は非常に多く、『エックスサーバーの使い方・設定方法』などの情報はネット上に豊富に見つかります。

 

なので、サポートを抜きにしても「自分で問題を解決しやすい」サーバーであると言えますね。

サーバー性能も非常に高く、全てにおいてバランスが良いレンタルサーバーです。

 

これから始める初心者ならエックスサーバーで最安のX10プランで十分です。

10日間は無料お試しできるので、まずは試してみると良いですよ。

==>>エックスサーバー公式サイトはこちら
※無料で10日間お試しできます

3位:【安いのに高速】カラフルボックス(Colorful Box)

最後は、月額500円以下の格安系サーバーという括りで選んでみました。Colorful Box(カラフルボックス)のサーバーです。

->>Colorful Box(カラフルボックス)公式サイトはこちら
※30日間お試し無料

->>Colorful Boxの口コミ・評判を詳しく見る

 

カラフルボックスは、最安プランのBOX1プランで月額480円と安いですが、サーバー性能は非常に高く、とにかくコスパが良いです。

 

「上記2つのサーバーだとちょっと高いなぁ…」と感じているならカラフルボックスサーバーがおすすめです。

 

カラフルボックスも実際に試したのですが、サーバー処理速度はConoHa WINGとほぼ同等ですね。僕の経験上、BEST3に入る処理速度のレンタルサーバーです。

 

価格の安さ以外でカラフルボックスの特徴としては、以下の2つ。

  • アダルトコンテンツが含まれるWEBサイトでも制作可能
  • データベース数無制限

ここまで紹介してきたエックスサーバーとConoHa WINGは成人向けコンテンツを含むWEBサイトの制作が許可されていません。

 

なので、もしちょっと大人向けなサイト(笑)を作りたいなら、それ専用のサーバーを選ぶ必要があります。

 

そして、カラフルボックスはアダルト専用サーバーの提供もしています。アダルトOKなサーバー会社はいくつかありますが、その中ではカラフルボックスが一番使いやすく、性能も高いですね。

 

過去に大きなサーバートラブルも無いため安心して利用できますよ。

 

そして、データベース作成数無制限なのでサイトが沢山作れます。厳密に言うと、他のレンタルサーバーでも作れるのですが、「1サイト1データベース」の方がトラブルも少なく安心です。

 

目安としては、60個以上サイトを作る予定があるなら、カラフルボックスを選ぶと良いと思いますよ。もしくは、価格が安い方が良いならカラフルボックスがおすすめですね。

初期費用が掛からないのも嬉しいです。なんと30日間の無料お試し期間があるのでぜひお試しあれ。

 

->>Colorful Box(カラフルボックス)公式サイトはこちら
※30日間お試し無料

 

まとめ

この記事では、WordPressが高速なレンタルサーバーを厳選してご紹介しました。

 

サイト表示速度は、Google検索エンジン上の掲載順位を上げる上でとても大切な要素の1つになっています。

サイトの収益にも関わる部分なので、ぜひ高性能なサーバーでしっかりとしたサイト運営を心がけるようにしましょう。

 

記事が参考になれば幸いです。それでは今日はこの辺で。